湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

テレビ

「鎌倉殿の13人」(23)狩りと獲物

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第23回「狩りと獲物」を視聴した。 書くのが遅くなってしまったので、もう次回の放映が終わってしまっている。 nasneで録画できているはずなので、これを書き終わったら、見ようと思う。 (´・ω・`) ( _ _ ).。o○ 今回のメインだ…

「鎌倉殿の13人」(22)義時の生きる道

鎌倉殿の13人の第22回「義時の生きる道」を視聴した。 重要人物が亡くなる回が続いているけれど、今回は後白河法皇の退場回だった。 正直、あんまり悲しくなかった。(´・ω・`) でも、後白河法皇の横にずっとついていた丹後の局(鈴木京香)が、その後どうなる…

「鎌倉殿の13人」(21) 仏の眼差し

「鎌倉殿の13人」の第21回「仏の眼差し」を視聴した。 義経が死に、平泉も滅びて、やっと鎌倉にひと時の平穏が訪れるターンかと思ったのに、序盤からきな臭さ満載の回だった。 北条時政(坂東彌十郎)と牧の方(宮沢りえ)の息子が誕生したのだけど、お祝いのた…

「鎌倉殿の13人」(20)帰ってきた義経

第20回「帰ってきた義経」を視聴した。 庇護者だった藤原秀衡を頼って平泉に逃げて来た義経が、息子の藤原泰衡に裏切られて討たれてしまうということは、歴史音痴の私でも知っている。 また心の痛む回になるのだろうと覚悟していたけれど、義経が義時ととも…

「鎌倉殿の13人」(19)果たせぬ凱旋

第19回「果たせぬ凱旋」を視聴した。 頼朝と義経が完全に決裂してしまう回なので、ぐっさり心を刺される覚悟をして臨んだけれども、痛みよりも悲しみの勝る回だったと思う。 ドラマの中の義経は、無私の情愛や信頼を受け止める機会をことごとく逃しつづけ、…

「鎌倉殿の13人」(18)壇ノ浦で舞った男

先週日曜に放映された第18回「壇ノ浦で舞った男」を、一週間たった今日になってやっと視聴した。 前回「助命と宿命」での源義高の死が痛ましすぎた上に、食事や食べ物の出てくるシーンがなかったので心折れて、見る勇気を溜めるのに時間がかかってしまった。…

「鎌倉殿の13人」(17)助命と宿命

先週の日曜日に放映された第17回「助命と宿命」を、先ほど見終わった。 キツい話になるのが分かっていたから、見る勇気を溜めるのに一週間もかかってしまった。 ドラマでは、頼朝は義時に木曽義仲の息子の義高(市川染五郎)の処刑を命じていたけれど、「吾妻…

「鎌倉殿の13人」(16)伝説の幕開け(歴史音痴と大河ドラマ)

第16回「伝説の幕開け」を視聴した。 サイコパスバーサーカー義経が主旋律となって駆け回り、北条の人々の人間らしい懊悩が安定のリズムを刻み、後白河と頼朝の陰謀めいた宿願が可聴域ぎりぎりのところで薄暗い重低音を流す。そんな感じの回だった。 ドラマ…

「鎌倉殿の13人」(15)足固めの儀式(歴史音痴と大河ドラマ)

第15回「足固めの儀式」を見た。 大変に、後味の悪い回だった。(´・ω・`) 時期的にそろそろだとは思っていたし、ツイッターで「#上総介ロス」等の文字列がちらちらと目に入っていたから、覚悟はしていたけど、上総介広常の亡くなり方の無惨さは、軽く想像を…

「鎌倉殿の13人」(14)都の義仲(歴史音痴と大河ドラマ)

第14回「都の義仲」を視聴した。 「吾妻鏡」は、寿永二年(1183)の記事が抜け落ちている。 木曽義仲の快進撃や、平家の都落ちなど、源氏にとって重要な事件がたくさん起きている年なのに、それが掲載されていない。 もともと存在しなかったのか、なんらかの…

「鎌倉殿の13人」(13)幼なじみの絆(歴史音痴と大河ドラマ)

「鎌倉殿の13人」の第13回、「幼なじみの絆」を視聴した。 幼なじみの木曽義仲に対して、色恋抜きの忠誠を誓う巴御前の生き方に深く共鳴した義時は、江間の館で暮らす八重の元に戻り、幼ないころから抱いていた、ひたむきに慕う心をまっすぐに伝える。 もは…

「鎌倉殿の13人」(12)亀の前事件(歴史音痴と大河ドラマ)

「鎌倉殿の13人」第十二回「亀の前事件」を視聴した。 時政の後妻の牧の方が、政子の権勢が自分を凌いでいくことへの嫉妬から、「後妻(うわなり)打ち」をやれとそそのかし、牧の方の兄(牧宗親)が政子の命を受けたという形で実行する。 牧の方としては、頼朝…

「鎌倉殿の13人」(11)許されざる嘘(歴史音痴と大河ドラマ)

「鎌倉殿の13人」の第十一回、「許されざる嘘」を視聴した。 長い長い治承四年が終わり、翌治承五年の一月十八日、平清盛が、以仁王を匿った奈良の東大寺や興福寺を焼き尽くす。 その同じ治承五年の閏二月四日、清盛が病死する。 閏月というのは、太陰太陽暦…

「鎌倉殿の13人」(10)根拠なき自信(歴史音痴と大河ドラマ)

「鎌倉殿の13人」の第十回、「根拠なき自信」を視聴した。 源義経は平治元年(1159年)の生まれだという。治承四年(1180年)に兄頼朝と再会したときの年齢は、二十歳ちょっと過ぎだろうから、長寛元年(1163年)生まれの北条義時より、ちょっぴり年上ということ…

「鎌倉殿の13人」(9)決戦前夜(歴史音痴と大河ドラマ)

だいぶ遅くなったけど、前回の「鎌倉殿の13人」の感想メモを書いた。 富士川の戦いで、平氏側の軍が仰天して撤退して行くまでの、頼朝周辺のさまざまな不協和音を、丁寧に見せられた回だったように思う。 坂東武者たちは頼朝の大義よりも、自分の所領を保全…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(8)いざ、鎌倉

第八回「いざ、鎌倉」を視聴した。 坂東武者たちと頼朝(大泉洋)の間の不協和音がどんどんボリュームアップしてくる回だったので、見ているのがしんどかった。 千葉常胤(岡本信人)は頼朝に心酔している(というか亡き義朝を重ね合わせている)様子だったけれど…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(7)敵か、あるいは

第七回「敵か、あるいは」を視聴した。 敵かどうか問題になったのは、上総広常(佐藤浩市)という武将。 Wikipediaの「上総広常」のページの冒頭には、 上総広常は平安末期の武将、豪族。 と書いてある。つまり、鎌倉時代には武将ではなくなっている。出番はだ…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(6)悪い知らせ

第六回「悪い知らせ」を視聴した。 ほんとうに、悪い知らせの多い回だった。(´・ω・`) www.nhk.or.jp 八重という女性 伊藤祐親の娘八重(新垣結衣)は、頼朝との間に生まれた息子千鶴丸が、既にこの世にいないことを、伊豆山権現の僧である覚淵に知らされて、…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(5)兄との約束

第五回「兄との約束」を視聴した。 「吾妻鏡」で予習していたから、石橋山の戦いで「兄」に何が起こるのかは知っていたけど、キツかった。悲劇は苦手だ。(;_;) 三千の兵を率いる大庭景親に、たった三百の兵で立ち向かった頼朝勢は、あっけなく壊滅。 頼…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(1)

鎌倉殿の13人。 十三人、じゃなくて、13人。 なんで漢数字じゃないんだろう。 なんとなく、エヴァンゲリオンのサブタイトルのロゴみたいだ。 なんてことを思いつつ、数年ぶりにNHK大河ドラマを見始めた。 毎週決まった時間にテレビを見るなんて、粗忽な私に…

ねこたまテレビ日記

途中まで見て心折れていた、「新撰組!!土方歳三最期の一日」の残りを、泣きながら視聴完了(Amazonプライム・ビデオ)。 対立していた土方歳三と榎本武揚、大鳥圭介が、土壇場で深く心を繋ぎ、最終決戦へと向かう。 1869年5月11日。 新政府軍は夜闇に紛れ…

ねこたまテレビ日記

torneで録画してあったドラマ「新撰組!!土方歳三最期の一日」を見始めたのだけど… 山本耕史主演 大河ドラマ 新選組!! 土方歳三最期の一日【NHKスクエア限定商品】 NHKエンタープライズ Amazon ドラマ中盤、最期の一日の前夜まで見たところで心がもたず、…

ねこたまテレビ日記

一昨日(2022年1月4日)の夜、NHKの「知恵泉」で佐々木道誉をやっていたのを面白く視聴。 ゲストの古舘伊知郎の実況風の語りが見事で楽しかった。 「ばさら大名 佐々木道誉 変人のススメ 大胆不敵なルールとは」 - 先人たちの底力 知恵泉(ちえいず) - NHK 佐…

ねこたま日記

こんにちは。 二つ前の日記が1400本目の記事だった。 あとから古い記事を挟むこともあるから、今後順番は変わるだろうけど、まあよく書いたものだと思う。 で、もはや何番目になるか分からない、今年の抱負。 たくさん書く。 ボケ防止とか、うつ病対策とか、…

ねこたま日記(テレビを見よう)

こんにちは。 今年の抱負をいくつか考えた。 そのうちの一つ。 まず、テレビの視聴時間を例年よりも増やしてみようと思っている。 2021年のテレビ視聴時間は、合計で5時間くらいだった。一年で紅白とゆく年くる年くらいしか見ないと、そうなる。 今年は、年…

ねこたま元日日記

あけましておめでとうございます。 大晦日の夜は、にしんそば、菜の花の辛子和え、りんご、鯛の昆布締め、麻婆豆腐。全部亭主作。全部おいしかったけど、菜の花の辛子和えは絶品だった。毎日食べたい。 紅白を見た後は、そのまま「ゆく年くる年」。 いつもは…

チリペッバークラシックとバリバラと糖尿病

おはようございます。 さかな? 今日もパソコンで書いている。 ふにゃもらけの画像、パソコンのハードディスクには入っていないので、何か適当な絵でもないかと探したら、三年くらい前に描いたらしい、よくわからないのが出てきた。 サイバーパンク系の写真…

事件と漫画

ネットニュースで、謎すぎる見出しに遭遇した。 “1億円男性”殺害 ケースに10万円残る 鉢合わせか? 2人逮捕 まず「1億円男性」が分からない。 1億円の資産を持っている人が殺害された事件だとしても、普通、被害者を「1億円男性」とは言わないだろう。 「ケー…

肩透かしドライブと本と、あといろいろ

今日はゆっくり過ごそうと思っていたのに、昨夜遅く、ふとカレンダーを確認したら、早朝から息子の歯科治療と予定が書き込まれていた。 息子の診察券を引っ張り出してみると、たしかに今日の日付が書いてある。 予約があるなら、行かなくちゃいけない。息子…

健康観察と証人喚問中継

今朝の健康観察日記 今朝も、目が覚めたらお腹がいたかった。原因はよくわからない。ただ、体がかなり冷えていたので、そのせいじゃないかという気がする。 少し気分的にしんどいので、首のうしろにペパーミントの香油(お友達にいただいたもの)を、少し塗っ…