湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

発達障害

ねこたま日記

おはようございます。 沖縄 土曜日だけど、末っ子は模試があるので登校していった。 来月予定の修学旅行がコロナのせいで中止になりそうなので、勉強のモチベーションは爆下がりしている様子。無理もない。 できることなら行かせてやりたいけど、万が一、末…

読書メモ…「発達障害という才能」(岩波明)

岩波明「発達障害という才能」 発達障害という才能 (SB新書) 作者:岩波 明 SBクリエイティブ Amazon 他の本に盛大に寄り道しながら、少しづつ読んでいる。 ADHDの衝動性は、どのような場面で現れるのかというと、例をあげれば、思いつきでいろいろなことにつ…

ねこたま日記

こんにちは。 書き溜めていた下書きの投稿順が前後しちゃったので、今年の抱負の第二弾だか第三弾かわからなくなったけど、気にしない。 いい加減、うつ病をなんとかする。 完治できれば最善だけど、たぶん不可能なので、折り合いをつけてやっていく手立てを…

ロケットマンとセラピー

長女さんの描画セラピーの付き添いで病院に来ている。 セラピーは長女さん一人で受ける。 私は送り迎えの足係だ。 私はというと、ここのところ少しばかり鬱が重くて、日中できることが少なくなっているけれど、夜はよく眠れているし、家族の予定があればこう…

23歳の療育日記(PECS準備中)

数日前、コミュニケーション用の絵カードセットPECSのスターターキットを買ったら、絵カードの裏面に貼る面ファスナー(マジックテープ)のオス面が同封されていなくて、 「スターターキットなのに、これじゃ、スタートできないじゃん(`Д´凸)」 と騒いだ日記…

ねこたま日記

おはようございます。 ふにゃもらけの画像が品切れ中なので、昔作った変な画像を貼り付けておく。 上の写真は、散策中の長女さんが撮影したもの。 何の花なんだろうか。 電柱と縁石の隙間に生えているけど、雑草というには存在感がありすぎる。 (_ _).。o○ 三…

療育日記?

PECSのスターターキットが届いた。 重度の知的障害の人のコミュニケーションを支援するための絵カードセットだ。 絵カードを組み合わせて、簡単な文を作って提示することができるもので、携帯に便利なマジックテープつきのコミュニケーションブックで使用す…

ねこたま日記(スクワット・息子のパニック・枕草子)

おはようございます。 昨日は一日中だるかった。 どうもスクワットのやりすぎのようだ。 今朝もすでに30回やっている。 たぶん一昨日あたりは100回を大幅に超えていたのだろう。 スクワットをはじめてから、外歩きの頻度が減っている。疲れ気味で外に出るの…

ねこたま日記(通院記録その他)

こんにちは。 ふにゃもらけ21周年イベントのアイテム、なんとか一通り作り終えた。もう少し数を増やしたいから、最終日まで頑張ってみる。 どうでもいいけど、「ふにゃもらけ」と入力したいのに、勝手に「フニャマラか」に変換するiPhone13、なんとかならな…

自閉症と統合失調症と鯖缶

名古屋大学の研究グループが、自閉スペクトラム症と統合失調症の発症メカニズムが重なっていることを発見したという、三年ほど前の記事を見つけた。 プレスリリースなので概要の紹介にとどまるけれども、「自閉スペクトラム症」と「統合失調症」の両方に浅か…

ねこたま日記(日録)

こんにちは。 昨日は朝イチで長女さんの精神科外来の付き添い&運転。 祭日だったからか(祭日でも診察のある病院なのだ)、待ち時間がほとんどなしで終了。 今日も朝イチで長女さんと息子を車に乗せて、まず長女さんを描画セラピーに送ったあと、息子を介護…

デパケンを服用しはじめた息子(自閉症)のその後

息子(23歳・重度自閉症)にデパケンを処方していただいてから六日になる。 (敷いてあるハンカチは仙台で買った伊達政宗キティちゃん) 一日二回、夕食後に一錠、寝る前に一錠。 けっこう大きな錠剤だけど、幼少期からビタミンなどのサプリ類を飲むのに慣れてい…

ねこたま日記(また日録…オヤツと通院)

こんにちは。 オヤツメモ てぬキッチンさんのレシピ本を購入して以来、手作りおやつ製作の頻度が上がっている。 ゆうべは「世界一簡単なオーブンを使わないバナナケーキ」を作った。 【240万回再生超】『世界一簡単なバナナケーキ』のオーブンを使わないレシ…

就労継続支援B型事業所をチラ見する散歩

息子(23歳・重度自閉症)が特別支援学校の高等部に通っていたころ、職業訓練のために地元の就労支援施設のお世話になったことがある。 期間は一週間ほどで、担任の先生が一緒に入ってくださった。 作業内容は、主にウエスにするための布を畳んだり、貸し出…

モデルナ・ハロウィン・編み物(ねこたま日記)

こんにちは。 モデルナ 末っ子(16歳)がモデルナの1回目を接種した。 接種場所は徒歩五分の総合病院……の裏側にある地味なビル。 近所だけど場所が分からないと言って、末っ子が不安そうだったので、野次馬を兼ねて入り口まで付き添うことにした。 なのに末…

ねこたま日記(買い物・差し入れ・パニック)

朝起きてから気づいたのだけど、今日は敬老の日で休日だった。 つまり、息子(23歳・重度自閉症)の介護施設通所はお休み。 ところが末っ子の高校は、平常授業をやるという。 これは、確実に嵐が来ると確信した。 嵐というのは、ジャニーズのグループじゃな…

息子のパニックと会話

自閉症スペクトラムで重度の知的障害のある息子(23歳)は、休日にパニックを起こすことが多い。 いつからそうなったのか、はっきりしないけど、特別支援学校の高等部を卒業して介護施設に通所するようになってから、次第にその頻度が上がっていったように思…

息子との会話

今日は息子(23歳)の歯科検診だったので、介護施設をお休みさせて、私が車で連れていった。 検診先は、息子が全身麻酔で歯科治療をした病院。 重度の知的障害がある巨漢の息子にも対応できる、特別な歯科で、うちから車で片道40分ほどかかる。 息子はいつも…

ねこたま日記(日々の雑録)

こんにちは。 毎晩末っ子に東野圭吾の「プラチナデータ」を音読してもらっているのだけど、だいたい五分ほど聞いたところで寝てしまうので、ちっとも話が進まない。事件のなりゆきがとても気になるので、そのうち昼間に一気に読んでしまおうと目論んでいる。…

虹・パニック・水ダイエット

ねこたま日記 こんにちは。 今日はなんとなく見出し機能を使ってみることにする。 今日のふにゃもらけ 雲のじゅうたんに、ひつじ。 お洋服は先日のイベントでがんばって作成した、虹色のシャツ。 福祉関連の施設の名称には、「虹」関連のことばが使われてい…

ねこたま日記

こんにちは。 昨晩、日本のあちこちで「ネットに繋がらない」騒ぎがあったらしい。 複数のネット回線の会社がダメだったみたいで、うちでもパソコンやiPadがネットを使えずにいた。 iPhoneのモバイル通信なら繋がるけど、たくさん使うとお金がかかるから自粛…

ねこたま日記&お掃除日記(14)

1つ前の「ねこたま日記」を書いてすぐ、入院中の長女さんの主治医から電話がきた。 いつもは亭主が電話に出るのだけど、たまたま家電のあたりを掃除していたので(歩いているカツオブシムシを発見してギャーーとなっていた最中でもあった)、亭主を呼ぶまで…

お掃除日記(12)

ネットオフからサービスのダンボール6箱が届いたので、昨日はひたすらダンボールに本とCDとDVDを詰め込んでいた。 書籍が400冊前後、DVDその他が60〜80個程度だと思われる。 その程度減らしたところで焼け石に水だろうと思っていたけど、物を処分して空いた…

ADHDと音読

眠れない夜が続いている。 正確に言うと、「催眠導入剤と末っ子の音読と瞑想アプリの重ねがけをしないと眠れない」のだ。 眠れないことを憂いて悶々と時を過ごすなど馬鹿らしいので、ことさらに夜更かしを楽しむことにしている。そして結構楽しんでもいる。…

発達障害と統合失調症

自閉症スペクトラムのような発達障害と統合失調症は「隣の次元」にあるものだと、ずっと思っていた。 あるいは、「温帯気候」と「熱帯低気圧」のように、そもそものカテゴリーが違うものだと思っていた。 生まれたときから持っている発達障害と、人生の途中…

汚部屋日記(1)

「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子著)という漫画の主人公であるピアニストの野田恵は、すさまじい汚部屋に住んでいることで知られている。 聞くところによると(というかネットに散らばっている情報だけども)、モデルになった実在の女性も同じような汚部…

ねこたま日記(コロナワクチン副反応の末期)

こんばんは。 腕が猛烈に痒い。 触ると痒い。動かしても痒い。どうしようもなく痒い。 たとえて言うなら全長10センチくらいの巨大蚊にずっぷり刺されたような感じだろうか。 そんな蚊、いたらキモいけど。 腫れているあたりを軽く叩くと、ほどよく痛みが出て…

オリンピック

小山田圭吾、とかいうミュージシャンが、複数の障害者に執拗な暴力を加えた過去があることを笑いながら語ったという20年ほど前の記事について騒動になっていたけれども、本人の謝罪文がツイッターで公表されたというので読みに行ってみた。 Cornelius on Twi…

自閉症と学校(と仕事)……

Kindle unlimited(読み放題)で、アスペルガー症候群の少年と、そのご両親の歩みについてまとめられた「コーヒーはぼくの杖 発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの」という本を読んだ。 コーヒーはぼくの杖~発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの …

ミエリンと自閉症とシリコンバレー

うちの息子(23歳・自閉症)は、幼児期に脳の精密検査を受けたとき、その結果を見た医師の一人に、 「ミエリンの発達がとても遅れている」 というようなことを言われた。 ミエリンのいうのは、ニューロンを包み込んでいる脂肪の鞘だという。鞘がしっかりして…