湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

物語の中の料理

牡蠣のオイル煮(物語の中の料理)

「小説家になろう」で読んでいた作品に、気になるお料理が出てきた。 牡蠣のオイル煮。 牡蠣のアヒージョは、亭主が時折作ってくれるけれど、オイル煮は未体験。 牡蠣を塩と水で洗ってから、水気をしっかり拭き取り、60℃くらいに保ったオリーブオイルで30分…

「高慢と偏見とゾンビ」と熟れ鮨(なれずし)…物語のなかの料理

皮膚が青黒く腐れ落ちつつある死体もしくはゾンビを至近距離で見たあとに、それらとなんとなく風合いが近い……と言えなくもない「なれずし」をいただく勇気を持てる日本人は、どのくらいいるだろう。 鯖街道の名品!「鯖のなれずし(1本)]約500g ノーブランド…

物語のなかの料理……サンドイッチ

今年、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見てブログに感想を書くようになってから、自分の視線が画面のなかの料理や食材にばかり吸い付けられるのに気がついた。 それで、どうやら自分は物語にでてくる料理がとても好きらしいと、この年になって初めて自覚し…

動画鑑賞日記「カーネーション」(1〜3回)

映像作品の鑑賞が苦手なのだけど、今年は大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を最初から見ているせいか、ちょっと弾みがついたようで、例年になくいろいろな作品を観ている。 先月、Amazonプライム・ビデオでNHKオンデマンドのコンテンツが見られるように新規登録し…

鎌倉殿の13人(34)理想の結婚

コロナにかかっちゃったせいで、書くのが遅くなった。(´・ω・`) NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第34回「理想の結婚」を視聴した。 成長した実朝に、縁談が持ち上がる。お相手は、坊門信清(ぼうもんのぶきよ)の娘で、後鳥羽上皇の従姉妹だという。 時政の妻の…

映画「武士の献立」

Amazonプライムビデオで、「武士の献立」という映画をみた。2013年12月に公開された映画で、監督は朝原雄三。 江戸時代の食材や、郷土料理満載で、歴メシ好きにはたまらない作品なのだけど、加賀騒動という、大変血生臭い史実が絡んでいるので、美味しいばか…

物語のなかの料理メモ

「信長協奏曲」(石井あゆみ 著)の新刊が出ているのに気づいたので、さっそくKindle版をダウンロード。 信長協奏曲(21) (ゲッサン少年サンデーコミックス) 作者:石井あゆみ 小学館 Amazon 表紙の絵が怪しさを極めた秀吉のアップなので、いよいよクライ…

物語のなかの料理メモ(人魚の胎児料理)

彼は毎日海亀の脂や石焼の仔豚や人魚の胎児や蝙蝠の仔の蒸焼などの美食に厭いているので、彼の腹は脂ぎって孕み豚のごとくにふくらんでいる。 中島敦 「幸福」 パラオの富裕者の食事として出てくるのだけど、実在する料理なのかどうかは分からない。 「石焼…