湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

読書

ねこたま日記

こんにちは。 さっきワクチンを接種してきた。 モデルナ製。 10時18分に打って、30分会場で待機してから、徒歩で帰宅。 一緒に打った亭主は10分間待機だった。 私の待機時間の長いのは、持病がいろいろあって、複数の処方薬を飲んでいるからだろう。 バセド…

ねこたま日記

こんにちは。 大変暑い。 エアコンがあまり効かないので、扇風機でしのいでいる。かれこれ34年も前に大学生協で買った骨董品だけど、元気に回っている。 ラノベや漫画をドカ読みできるようになってきたので、それ以外の本もイケるんじゃないかと思って試して…

読書

昨日は末っ子の塾の三者面談だった。 面談の予定が入っているのを前日までは覚えていたのに、当日になって末っ子も私も完全忘却してしまい、エアコンの効いた末っ子の部屋でラノベのドカ読みでもしようなどと言いつつだらしなく寝そべっていたことろに先生に…

引用ノート(東北の味噌漬け?)

少なくとも福島、新潟、山形の三県に亙って味噌漬けのものが確かに旨いのだからこれは東北地方全体に就て言えることなのだろうと思う。 その中でも野菜の味噌漬けが殊にいい。 これは味噌の問題に違いないのだから鮭などの味噌漬けもその場所で食べるならば…

引用ノート(精神分析と自閉症)

先述したように、ミステリーにおけるホームズとワトソンの関係は、自閉症のある人と定型発達者の関係のあり方について、一つの可能性を示しているように思われる。 しかしもちろん、この二人の人物はフィクションである。 では、歴史上の実在の人物で、その…

自閉症と学校(と仕事)……

Kindle unlimited(読み放題)で、アスペルガー症候群の少年と、そのご両親の歩みについてまとめられた「コーヒーはぼくの杖 発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの」という本を読んだ。 コーヒーはぼくの杖~発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの …

ねこたま日記

こんにちは。 この数日はKindle読み放題や「小説家になろう」で気に入ったラノベ作品をドカ読みしていた。数えてないけど、3日で15〜20冊くらいだろうか。 読書ができることの有り難みが身にしみる。 憂さがからりと晴れる。 ラノベは私にとっては飲み物だと…

引用ノート(G)

ゴキブリは畳を進む彼ら尚こころざす地を持てる羨(とも)しさ 岡井隆 (樋口覚「短歌博物誌」文春新書) あの虫の行軍に遭遇して「羨し」と感じる人の境涯に戦慄する。いったい何があったのか。 あれが羨ましい、あれになりたいというのは、相当に追い込ま…

枕と自閉症……

朝刊を開いたら、枕の全面広告があった。 佐藤愛子氏と筒井康隆氏と上野千鶴子氏が愛用する枕だという。 近頃の新聞は高齢者層向けの広告が紙面を占拠していることが多い。 そういう世代が若い頃に愛読したであろう作家(と学者)が商品をより魅力的に見せて…

マンガ読んだメモ

末っ子の愛読書「終末のワルキューレ」を11巻まで借りて読んだ。 終末のワルキューレ (11) (ゼノンコミックス) 作者:アジチカ,梅村真也,フクイタクミ コアミックス Amazon 神と人間がお互いのプライドと命を賭けて、ありえないような組み合わせでタイマン勝…

ラノベ読んだ日記

「万能女中コニー・ヴィレ」(百七花亭著)を、Kindle Unlimited(読み放題)で1巻から3巻まで一気読みした。 生まれ持った超人的な身体能力で人の5倍の仕事量をこなす女中のコニーが、勤め先の王城で次から次へと凄まじい大事件に巻き込まれながら、主であ…

ラノベ読んだ日記

ひさびさにKindle unlimited(読み放題)でラノベを読んだ。 「転生したら、モブでした(涙) 死亡フラグを回避するため、薬師になります」(江本マシメサ著) 転生したら、モブでした(涙)~死亡フラグを回避するため、薬師になります~ (ベリーズ文庫) 作者…

物語のなかの料理メモ

「信長協奏曲」(石井あゆみ 著)の新刊が出ているのに気づいたので、さっそくKindle版をダウンロード。 信長協奏曲(21) (ゲッサン少年サンデーコミックス) 作者:石井あゆみ 小学館 Amazon 表紙の絵が怪しさを極めた秀吉のアップなので、いよいよクライ…

ねこたま日記

こんにちは。 今日の画像は長女さん作。 タイトルは「集合的自意識」。 闇の中にいる多数の自意識が、全員左側の太陽を見ていて、それらとは別枠の「自分」が写真撮影(客観視)しているという、ものすごい絵だ。深く考えるとかなり怖い絵でもある。 たいて…

ラノベ読んだ日記

Kindle Unlimited(読み放題)で読んだ作品。 「私の推しは悪役令嬢。」(いのり。 著) 【合本版】私の推しは悪役令嬢。【第一部 全二巻】 (GL文庫) 作者:いのり。 発売日: 2019/11/26 メディア: Kindle版 予備知識ゼロで読み始めたので、お話がある程度進…

物語のなかの料理メモ(人魚の胎児料理)

彼は毎日海亀の脂や石焼の仔豚や人魚の胎児や蝙蝠の仔の蒸焼などの美食に厭いているので、彼の腹は脂ぎって孕み豚のごとくにふくらんでいる。 中島敦 「幸福」 パラオの富裕者の食事として出てくるのだけど、実在する料理なのかどうかは分からない。 「石焼…

ねこたま日記

こんにちは。 うちのふにゃもらけ部屋は現在インド仕様になっている。 ゲーム内では競馬イベント開催中で、アイテム集めを頑張っているけど、なかなかはかどらず苦戦中。 久々のごはん記録。 昨日の夕食は、ビーフストロガノフと、アボカドサラダ。亭主作。…

ねこたま日記

こんにちは。 世間はゴールデンウィークらしいけれども、我が家はウィークデイと変わらない。 長女さんは出勤、末っ子は授業があるので登校、息子は福祉サービスで外出、亭主は書斎で仕事。 私は朝の不調をやり過ごして、10時半ごろに朝食を取り処方薬を飲ん…

ねこたま日記

4月14日(水) 読書 昨年のコロナ入院中から楽しみにしていたラノベの新刊が出ていたので、早速kindleでダウンロードして読み始めた。 いつもなら一気読みして、ついでにシリーズ全巻再読の流れだけど、今月に入って脳が慢性疲労状態になってから、そういうこ…

kindle読み放題で読める薬膳の本

覚え書きを兼ねて、kindle unlimited(読み放題)薬膳料理の本をメモしてみる。 (読み放題書籍は期間限定の場合があるので、今後有料になる可能性もあります) 「Dr.クロワッサン 身近な野菜や薬味で健康を整える、薬膳の知恵。) Dr.クロワッサン 身近…

近代史メモ

療養中のヒマつぶしで、100年前ほど前になる大正の終わり頃に焦点をあてるようにして、ちまちまと記憶の足場を構築中。 先日読んだ内田魯庵の「最後の大杉」で、大杉栄と伊藤野枝が殺された甘粕事件が、関東大震災(1923年)直後だったことが強く印象に残っ…

なろう読書メモ

「生まれ変わったら第二王子とか中途半端だし面倒くさい」(みりぐらむ著) 王道な異世界転生ラノベ。完結済み。 理不尽な境遇とチート能力のバランスが良くて、安心して読めるお話だった。 ただ、WEB連載版では未解決の問題がいくらか残っていた。 まず、第…

読書メモ「漱石 片付かない近代」

病院の待合室で、「漱石 片付かない近代」(佐藤泉著)という本を少し読んだ。 漱石 片付かない「近代」 (NHKライブラリー) 作者:佐藤 泉 メディア: 新書 ずいぶん前に買った紙の本なのだけど、ナナメ読みだけして、きちんと読了していなかった。 「ゆとり教…

コロナ療養日記(百合とホラーと睡眠不足)

こんにちは。 「はてなブログ」から過去記事を振り返れというメールが来て、記事のリンクが貼ってあったので、素直に振り返ってみた。 変態侯爵と橋本治と釈然としない恋愛小説の話 - 湯飲みの横に防水機能のない日記 2018年の2月21日に、Amazonからの「おす…

kindleで読み放題できる料理本

kindle unlimited(読み放題)本は、一度に10冊までしかダウンロードしておけない お料理の本などもよく見るのだけど、いざ作ろうと(正確には亭主に作ってもらおうと)思ったときに、どの本にレシピがあったか思い出せないことがある。 それで、気に入った…

ラノベ読み放題メモ(kindle unlimited)

ブログの下書きに感想をコツコツと書きためていると、どの作品の感想を書いたか忘れてしまって重複書きするという弊害があることが発覚した。 そのうちきっと、同じ作品の感想をあたかも初めて書いたかのように記すというのを絶対やらかす気がするけど……誰か…

ラノベ読んだメモ(小説家になろう)

いっぱい読んだので、感想メモが追いつかない……。 面白い作品を書いて読ませてくれる作者さんたちに、感謝。 「捨てられ令嬢は錬金術師になりました。稼いだお金で奴隷剣士を購入します」(束原ミヤコ著) 凄腕の錬金術師となった元令嬢と、国に売られて奴隷…

マンガ読み放題メモ(kindle unlimited)

読んだ本の感想メモは、コツコツと……。 「猫と竜」(佐々木泉 漫画 アマラ 原作) 猫と竜 (1) 作者:佐々木泉,アマラ,大熊まい 発売日: 2020/08/25 メディア: Kindle版 森の奥でケットシーに育てられた竜が、育ての親の子孫たちを守りながら、人の世と関わっ…

ラノベ読んだ日記

「小説家になろう」で読んだ作品のメモをほとんど書いていなかった。 療養生活の大きな慰めを与えてもらっているのに、ただ読みっぱなしでは、申し訳なさすぎる。コツコツ書こう。 「お前ごときが魔王に勝てるど思うな」とガチ勢に勇者パーティを追い出され…

暗黒文学少女・芋虫・近代史

kindle unlimited(読み放題)のカタログを眺めていたら、面白そうなマンガがあった。 「本田鹿の子の本棚 暗黒文学少女篇」(佐藤将 著) 本田鹿の子の本棚 暗黒文学少女篇 (リイドカフェコミックス) 作者:佐藤将 発売日: 2017/11/30 メディア: Kindle版 さ…