湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

ねこたま日記(7月19日)

こんにちは。

 

f:id:puyomari1029:20240719185809j:image

 

少しずつ体調が戻ってきている。

おかげでブログの更新もできる。

 

(_ _).。o○

 

昨日、ハリー・ポッターシリーズの登場人物たちの、その後の人生について書かれた記事が目に入った。

 

舞台になっている「ハリー・ポッターと呪いの子」では、中年になったハリーが、息子との関係構築にしくじって、なんと、毒親化しているのだとか。

 

舞台脚本がKindle Unlimited(読み放題)で読めるようになっていたので、さっそくダウンロードして読んでみた。

 

 

脚本を読むのは慣れないので、最初は少し億劫に感じたけど、あっという間に物語の面白さにに取り込まれて、ほぼ一気読みだった。

 

「呪いの子」の主人公は、ハリーの次男のアルバス・セブルス・ポッターと、ドラコの息子のスコーピオス・マルフォイ。

 

ヴォルデモートを倒した英雄として知られ、魔法界で多くの人々に尊敬されるハリーだけれども、息子のアルバスにとっては、だいぶ鬱陶しい存在だったようだ。

 

名付けの問題もある。

 

ハリーは、長男と娘には、亡き両親の名前をつけて、次男には、恩人である、ダンブルドアと、スネイプの名前をつけている。

 

偉大すぎる故人からもらったアルバス・セブルスという名前は、自分が何者であるのかも、何を目指せばいいのかも分からない少年には、あまりにも重すぎたのだと思う。

 

現代の日本では、亡くなった肉親や偉人の名前を子どもにつけるという風習がほぼ無くなっているけれども、イギリスでは、まだそういう名付けが一般的なのだろうか。それとも物語の中の魔法族にだけ残っている慣習なのだろうか。

 

いずれにせよ、名前と一緒に、その名で生きていた人々の重い過去を背負わせるというのは、子どもにとっては酷なことではあると思う。

 

その名にふさわしいように生きることを親に期待され続けるのも、名に釣り合わない自分の現実を抱え続けるのも、思春期の子どもがグレるのに、十分なきっかけになりそうだ。

 

ハリーの息子のアルバスは、ありのままの自分を理解しようとしない父親に反発し、かつてハリーの事情に巻き込まれてヴォルデモートに殺された少年を助けるために、 親友となったスコーピアスと一緒に魔法省に忍び込んで逆転時計(タイムターナー)を盗み出し、過去に向かう。

 

ところが、死ぬはずの少年の命を救ってしまったことで、歴史がとんでもない方向に変わってしまう。

 

ハーマイオニーがロンと結婚しなかったり、ハリーがヴォルデモートに殺されたりして、生まれるはずの子どもたちが生まれず、ヴォルデモートが存命という、お先真っ暗な未来が来ることを知ったアルバスとスコーピアスは、歴史を元に戻そうと奔走するけれども、ヴォルデモートの娘(がいたことにびっくりした。あの人、いつ子作りしたんだろう…)が仕掛けた罠にはまって逆転時計を奪われ、ハリーの両親が殺された、1981年10月31日に取り残されてしまう……

 

親世代のハリーたちは、息子たちが引き起こしたトンデモ事件に翻弄されながら、親として足りていなかった部分や、子どもたちの抱える孤独や息苦しさに、少しづつ気づいていく。

 

物語の最後で、ハリーは息子に正直に告白する。

 

でも何が一番怖いかというと、アルバス・セブルス・ポッター、おまえの父親であることなんだ。

 

なんの手がかりもなく進まなければならない。ふつうは基準となる自分の父親がいる──それを模範とするか、反面教師にするかだ。私には何もなかった──ほとんどなかった。

 

だから、いいかね、私は学習中なんだ。いいね?  私は持てる力を全部注いで努力する──おまえにとって良い父親になれるように。

 

四十歳のハリーは、まだこれから成長するのだろうと思う。父親として、人として。

 

還暦過ぎてみてつくづく思うけれども、四十代の伸びしろって、半端なく大きかった。伸びしろが大きいということは、至らないことがどっさりあるということで……かなり悪戦苦闘したけど、伸びきれなかった感が強い。

 

八十代になったなら(そこまで生きていたら…)、六十代の伸びしろもなかなか大したものだったなんて、思い返したりしているのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ねこたま日記(7月18日)

こんにちは。

 

f:id:puyomari1029:20240718104154j:image

 

体調不良で一週間ほどブログの更新ができなかった(昨日は書いたけど)。

 

たぶん、長女さん(28歳・ASD)がグループホームに入居したことで、気が抜けたのだろう。 ぷしゅーっと。🎈

 

自分のことは、意外なほど分からないものだと、いい加減自覚するべきなのだろう。

とくに精神面。緊張やストレスがとっくに限界を超えていても、「なんだかちょっと調子悪いかも」ぐらいに思ってやり過ごしているうちに、取り返しが難しいレベルまで悪化させてしまっている。

 

自分では気づいていなかったけど、長女さんのグループホーム入居の件で、相当に消耗したのだろうと思う。心配で。

 

今回、私はほとんど関与していない。

ケアマネさんや福祉事業所さんとの面談には、亭主に出向いてもらっていた。関わったのは、先週の入居日に車で長女さんと荷物を送り届け、挨拶をして、規約説明どを聞き、契約書類を作るのに立ち会った時だけだ(ダイニングテーブルの椅子に座っていたけど)。

 

福祉サービス利用時というと、契約書への住所氏名の書き入れと捺印がたくさんあって、なかなか大変だったりするのだけど、今回は長女さんが全て自分でやってくれたので、私は横で見ているだけ。楽ちんだった。

 

息子の時は、毎度私が全部(必ず4部ある)代筆することになる。悪筆な上に、よく描き間違うから、人前で記入するのは半端なく緊張する。些細なストレスだけども、うつ病持ちには結構堪えるのだ。

 

それでなくても、イレギュラーに他人に会うことだけでも、豆腐メンタルは削られる。鬱になる前は、こんなことはなかったのだけども、そもそも鬱の主原因が対人ストレスだったのだから、そこが症状悪化のトリガーとして残存してしまっているのだろう。人に会わないのが1番の薬。出会いは書物とネットくらいで十分。出入力を、こちらでコントロールできるから。

 

(_ _).。o○

 

「出入力」って、どうして「出」が前で「入」が後なのか。「入出力」じゃなダメな理由が何かあるんだろうか。日本語学者に聞いてみるか。

 

(_ _).。o○

 

 

具合が悪くても、出かける用事はある。

主に通院。自分の診察はもちろんサボれない。長女さんの通院の送迎も、できる限りやる。

 

診察待ちで座っているのがつらい時は、ひたすら読書で気を紛らわす。いい感じにハマっている小説があれば、多少の体調不良はごまかせる。

 

ちょうどいい小説がなければ、Kindleで漫画の再読をする。「ミステリと言う勿れ」シリーズの比較的平和な巻は、体調不良をごまかすのに最適だ。整(ととのう)くんが、とてもいい子だから。

 

世界にたくさんの引き出しがあることを思い出させてくれる作品は、心の支えに最適だ。

 

 

(_ _).。o○

 

小説家になろう」で読んでいた小説の、何気ないフレーズが、妙に心に刺さった。

 

無実の罪で処刑されそうになって逃げ出した令嬢が、難関ダンジョンの中層の安全地帯に追い込まれ、逃げ出すこともできないまま、その場で「道の駅」を運営することになるという、異世界ラノベの、主人公の令嬢の述懐。

 

 ま、どうせ人間いつか死ぬんだし、それが遅かろうが早かろうが結果は変わりゃしない。

 死んでからのほうが長いくらいさ。

 それこそ、私が死んでからも何千年も何万年も何千兆年も世界は続くわけだしね。

 私の一生なんて取るに足らないものなのさ。

 とか諦観しつつも、いざとなったら泣き喚くんだろうけどね。

 

 

海野幸彦「 地上を追放されたので、ダンジョンで《道の駅》を始めたら大人気スポットになりました ~戻ってこいと言われても、お客の冒険者たちが離してくれません~」

 

https://ncode.syosetu.com/novelview/infotop/ncode/n5961je/

 

 

死んでからのほうが長い。確かに。

 

あと、生まれる前も、それと同じくらいかどうかは分からないけど、生きている間よりは遥かに長い。

 

自分が存在したりしなかったりする、膨大な時空に、自分にとっての意味はあるのか。その時空に、自分の存在したりしなかったりすることの、意味はあるのか。

 

どれくらいの量か分からないけど、どう考えても膨大な地球の大気圏内で、だった一つの酸素原子が持つ存在意義のほうが、まだ把握しやすいかもしれない。

 

だった一個の酸素原子が消えても、目に見えるような影響はないかもしれない。

 

けれども、その一個とそっくり同じの、他の数えきれないほどの酸素原子が一斉に消えたなら、影響は計り知れない。酸素原子が参画している、ありとあらゆる物質全てが、成り立たなくなるのだろうから。

 

私一人が消えても、世界にさしたる影響はない。

けれども、私と同じ人類がまるごと消滅したなら。

 

考えてみると、自由意志を持って、特に合理的な理由もなく、自ら消滅することのできる存在というのは、恐ろしいものだと思う。酸素原子が「自分から消える」ような気まぐれなものだとしたら、地球の生物はたまったものではない。

 

一個人の意志が人類を滅ぼすことはまずないだろうけれども、人類の意志の総体が、巡りめぐってダメな方向に行ってしまった結果、破滅を迎えるということは十分にありえる気がする。この世に存在しているうちは、自分もその意志の総体の一部なのだから、どうしたって無関係とは言えない。

 

私が一人だけ消えたり病んだり壊れたりしても、たいした問題ではないけれど、「私」が七十億人消えたり病んだり壊れたりしたら…

 

一人の「私」が十全で、幸福で、和やかで、健やかであるということの意味は、計り知れないほど大きいのだと、自信を持って言える気がする。

 

大事にしよう。

私を。

 

 

(_ _).。o○

 

 

やっぱり、だいぶ疲れている気がする。

 

 

 

ねこたま日記(7月17日)

 

こんにちは。

 

f:id:puyomari1029:20240714114442j:image

上の画像は、息子が幼児のころの写真を加工したもの。5年くらい前に、子どもたちの写真で、クリスマスのアドベントカレンダーを作ろうとして挫折した、その中の一枚。

 

f:id:puyomari1029:20240714114649j:image

 

いまも、少し面影がある…かもしれない。

 

(_ _).。o○

 

完全に、夏バテ…

寝つきが悪い。

なぜか、胃も悪い。🧟‍♀️

 

エアコンをかけないと眠れないけど、冷えすぎて辛くなる。

 

今朝は四時ごろに具合が悪くて目が覚めた。久々の中途覚醒。おかげで寝不足。

 

昼寝できない体質なので、今夜は早めに寝ようと思う。

 

 

(_ _).。o○

 

先週の金曜日(7月12日)から、長女さん(28歳・ASD)が、グループホームに入居している。

 

荷物はそんなにないので、うちの車で私が運んだ。

 

朝晩の食事と、投薬の補助などのサービスを受けられる。

 

ケアマネさんと相談の上、しばらくは、週一回、通院とデイケアのある日の前日に、自宅に一泊しつつ、新生活に慣れていくようにするという。

 

長女さんは、かかりつけの病院に訪問看護も頼む予定とのこと。

 

契約期間は二年。二年後までに何事もなければ、そのまま契約が更新されるとのこと。

 

うまく慣れていってほしい。

 

(_ _).。o○

 

一昨日だったか、カーラジオを聞いていたら、椎名林檎新しい学校のリーダーズの「ドラ1独走」という曲が流れてきた。

 

youtu.be

 

 

なんかいいなと思ったんだけど、似たようなサウンドを、どこかで聞いたような気がする。

 

なんだっけと、しばらく考えて、コートニー・ハドウィンの曲に、アレンジが似ているものがあったのを思い出した。

 

youtu.be

 

キーボードとギターの感じが、ちょっと似ている。どちらの曲も好きだ。

 

元気が出ないときには、コートニー・ハドウィンのアメリカズゴッドタレントの予選の動画をみると、脳が活性化する。

 

 

youtu.be

 

才能のあるアーティストのパフォーマンスが愛されるのは、人が持っているエネルギーを活性化する力があるからなのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

付け句メモ…戦う人と育てる人

いつもの如く「木野喜久子@omoronine」様の上の句と下の句に付けて、 X(旧Twitter)に投稿したものです。

 

備えよう大きな虫の出現に

気絶してても倒す覚悟で

 

(無理でしょう)

 

f:id:puyomari1029:20240710192735j:image

 

 

トラブルの種を見つけて水をやる

観察日記もしっかりつける

 

(そしてしっかり巻き込まれると…)

 

f:id:puyomari1029:20240710190457p:image

 

 

 

付け句メモ

毎度お馴染みの、「木野喜久子@omoronine」様の上の句と下の句に付けて、 X(旧Twitter)に投稿したものです。

 

目でものを言おうとしない君に焦れ

耳に冷たい雨を降らせる

 

f:id:puyomari1029:20240708130152p:image

 

ラクダの耳のあたりに雨を降らせていますが、目立たない…)

 

 

当日に言っちゃいけないことを言う呪いをかけられ送り出された

 

(自分で呪う場合もあるかもしれません…)

 

f:id:puyomari1029:20240709134454j:image