湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

バッハと我が家の自閉症

19年前の日記を掘り返していたら、息子がはじめて「マタイ受難曲」を聞いた日の日記が出てきたので、転載した。


マタイ受難曲」療法…

dakkimaru.hatenablog.com

 

この日の息子の様子は、いまも目に焼き付いている。

テレビにはりつくようにして聞いていた息子が、ドイツ語の歌詞をかすかにつぶやくのを聞きとったときは、奇跡が起きているのかもしれないと思ったものだ。もしかしたらこれをきっかけに、息子が劇的に成長してくれるかもしれない、などと期待もした。

 

残念ながら、期待したようなことにはならなかったけれども、あれは確かに奇跡だったのだと思う。


息子を安心させる音楽があると分かったことは、その後の家族の生活にとって、大きな財産となったのだから。


ここのブログにも、息子と「マタイ受難曲」とのかかわりについては、何度か書いている。

 

いくつかの十字架

dakkimaru.hatenablog.com

 


近年の私にしてはめずらしく、人様の文章の書き方にご批判を申し上げている。
当時はよほど忍び難い思いがあったのだろうけれども、読み返してみると、偉そうに非難がましい言葉を連ねていて、我ながら嫌になる。

 

けれども、障害児の親として、そういう思いを抱いたという事実は残したいと思うので、記事は消さずにおく。著者の内藤朝雄氏がここのブログにいらっしゃることは、まずないとは思うけれども、もしも読んでご不快になることがあったりしたら、「ご著書を一冊購入して丁寧に感想を書きますから、それでご勘弁を」と申し上げることにしよう。


などと書きながら、Amazonで書籍情報を検索してみたら、kindleで読み放題できる著作を発見してしまった。

 

 「ニート」って言うな! (光文社新書) Kindle

 

 

面白そう。ちょっと読んでみようかな。


蛇足。
上の記事ではスルーしていたけど、内藤朝雄氏の文章を引用した中に出てくる「コウモリ傘にミシンをみつくろったりするような」というのは、ロートレアモンという詩人の作品が出典であるらしい。

 

ということを記事内で補足していなかった自分にちょっと驚いた。
こんな珍奇な表現、読んだら絶対引っかかって出典を調べたはずなのに。

 

ウィキペディアのこのページに書いてある。
デペイズマン

 

 

重度障害児と、バッハ

dakkimaru.hatenablog.com

 

この日の日記にも、息子が「マタイ受難曲」で落ち着くことを書いていた。

 

我が家では、「バッハ」=「息子の癒し」という構図が定着してるから、これから転載する過去日記にも、ちょくちょく出てくるかもしれない。

 

この日の日記には、「障害児産んだら人生終わったから、日本死ねっつーか死にたい」という匿名ブログを読んで思ったことも書いている。強烈なタイトルのブログだったけれども、書いた方は勇気をもってお子さんを育てる方向に気持ちを向けておられたので、ほっと一安心した。(ただ、ブログについているレスのなかには、読むに堪えないものもあるので、障害児の親御さんには、開いて読むことを積極的にはお勧めできない。)


少子高齢化に歯止めをかけるために産め産めと言われながら、重度の障害児が生まれると、なぜ生かすのだと叩かれる。残念ながら、ここの国にはそういう気配がある。でもそのほとんどは、におってきたらパタパタあおいておけば撃退できる、おなら程度のものである。


実際、私は相当な金額の医療費や介護費のかかる子どもを産んで育ててきているけれど、面と向かって「なぜ生かすのか」などと言ってきた人は一人もいない。相模原障害者施設殺傷事件の犯人みたいな人が町内に百人もいるような国だったなら、まるごと沈没したほうがマシだと私でも思うだろうけども、あんなことをやってしまう人は一億二千万人に一人くらいしかいないのだ。その約一人を除けば、あとは顔のないおならだ。気になったとしても、気に病むことはない。おならのような言論などにまどわされず、私たちは自分の人生を誠実に生きていっていいのだと思う。

 

 

春浅く指の痛みを編んでいる

dakkimaru.hatenablog.com


今年の二月の日記だ。この日はkindleのアレクサに向かって「マタイ受難曲」を注文していた。

 

 

日常人体マッチングとか、ラノベとか

dakkimaru.hatenablog.com


バッハなら何でもいいわけではない、という話。
トッカータとフーガやG線上のアリアは拒否されることが確かに多い。

 

でも、無伴奏チェロ組曲や、ゴールドベルク変奏曲は、わりと高評価だった記憶がある。

 

グレン・グールドのアルバムは、よく聞かせていた。

 

J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲(81年デジタル録音)
 

 

そういえば、グレン・グールドもおそらくは自閉症だっただろうと言われている人だった。

 

 

普通の日記

dakkimaru.hatenablog.com


気圧の乱高下のあったらしき日に、「マタイ受難曲」を聞かせている。

今年の四月のことだけれど、もう記憶に残っていない。
そういえば、このころ、いきなり高血圧になって寝込んだりしていたのだった。

 

 

さて、遅くなったので、お風呂に入って寝ることにしよう。

明日は土曜日。息子は遠足の予定。

 

 

 

午前中の日記

おはようございます。

 

 

f:id:puyomari1029:20200918101847j:image

 

ふにゃもらけ部屋日記

 

ふにゃもらけ君のお部屋、いままで一度も使ったことのない方眼紙仕様にしてみた。

 

とりあえずこれまで制作したポスター類を並べてみたけど、なんだか改装中の風呂場みたいになってしまった。もうちょい工夫しよう。

 

 

今日のやることリスト

 

  • めまいがおさまるまで、休養。
  • おさまったら、多少の運動。
  • 本の整理。
  • 家事。

 

 

朝起きたら、めまいが大復活していた。

脳が慣れたらしくて、吐き気は起きないけど、歩き回ると危ないから、大人しくしている。

 

今日の夜、すこし暑くてのぼせたのも悪かったように思う。気をつけよう。

 

 

ゲーム

 

スマホアプリの「白猫プロジェクト」で、茶熊学園イベントが始まったので、ぼちぼちプレイしている。

 

茶熊ガチャ11連を3回回したら、ガルガが落ちてきたので、頑張ってレベル150まで育ててみた。

 

持ち武器も入手。こちらは合成素材が足りなくて、育てきれていない。

 

f:id:puyomari1029:20200918104145j:image

 

白猫のキャラのほとんどが、悲惨な生い立ちや経歴を持っている。強いキャラほど、その傾向があるようにも思う(例外もいるけど)。

 

悲惨系のキャラたちは、過酷な境遇に囚われて暮らしているため、視野が狭く、世間知らずなタイプが多い。

 

私が引き当てたガルガ君も、生まれ故郷を守るために、人体改造みたいなことをされた過去があり、考えることといえば、故郷を平和にすることだけだ。

 

そんな青年たちが、いきなり学園に入学して学生生活を送るのだから、おかしなことが山ほど起きる。戦闘クエストの合間に見られるショートストーリーのモードが楽しみなので、茶熊学園のイベントは、ほぼ欠かさずプレイしている。

 

でも、残念ながら、ほとんどコンプリートできていない。(´・ω・`)

 

ちゃんとキャラや武器や飛行島(キャラたちの暮らすエリア)の建造物を育てていないから、弱くて勝てないのだ。

 

それらを育てきるためには、地道にアイテムや経験値を集めなくてはならないのだけど、その繰り返しの作業を続けるのが、ほんとに苦手で、たいてい挫折してしまう。

 

めまいで安静中の間だけでも、ちょっと頑張ってみよう。目がまわっていると本は読めないけど、白猫のようなゲームなら、あまり困らないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後の日記

こんにちは。

 

【目次】

 

 

f:id:puyomari1029:20200917165609j:plain

 


健康関連


昨日から、また少しめまいが出ているので、若干行動を控えている。
めまいは、朝起きてから、午前中いっぱい、ゆるく続く感じで、夕方にはだいたい収まる。


回復傾向なんだろうとは思うけど、なかなかすっきり消えていかないのがもどかしい。

 

いくつかの持病を診てくれている内科の先生に、自治体の健康診断を受けるように言われたので、昨日、いろいろ申し込んできた。

胃のバリウム検査、大腸がん検診、肺がん検診(レントゲン撮影)、血液検査。

自治体の補助が出るので、検査料はほとんどかからない。
バリウムとレントゲンは、来週土曜日午前中の予定。

何事もありませんように。

 

過去日記


どんどん記事を追加しているので、すでに総数は860本を超えている。

それをいちいち紹介するのも大変なので、折に触れて少しづつリンクを貼っていくことにした。


ここのところ転載していた15年前の日記よりも、さらに古い、1996年代の日記をハードディスクの底から発掘したので、それも少しづつ整理しつつ転載を開始している。


現時点で一番古いのは、1996年1月、まだ長女さんがお腹のなかにいたころの読書日記だ。

 

読書メモ「かんがえるごきぶり」(奥本大三郎)

dakkimaru.hatenablog.com

 

当時、奥本大三郎のエッセイ集を気に入っていて、わりとよく読んでいたはずなのだけど、内容をあまり覚えていない。探し出せたら読み返したいけど、見つかるかどうか。

 

 

息子が三才ごろの日記も掘り出せたけど、ストレートな感情表現(罵詈雑言ともいう)が多いので、だいぶ手を入れる必要があった。

 

療育と親の思い

 

dakkimaru.hatenablog.com

 

すっかり忘れていたけれど、こんなこともあったのだった。

 

24年前には、重度の知的障害を伴う自閉症の我が子を「療育教室」に通わせようなんていう親御さんは私の周囲には一人もいなかった。人がしないことをやれば、反感を買う。それはもうしかたのないことだと思う。

 

いまにして思うと、わざわざ陰口を伝えてよこした人のほうが謎である。

あれは何がしたかったのだろう。(´・ω・`)

 

あるコミュニケーション不全の記録

dakkimaru.hatenablog.com

 

ほぼ激怒日記だったけれど、だいぶ削ってマイルドにした(当社比)。

 もう四半世紀近くも前のことだから、思い出して感情が波立つこともないけれど、まあものすごい経験をしたものだとは思う。

 

この日記には書いていないけれど、3時間に及ぶ面談のあいだ、となりの教室で、私たちに聞こえるように、ずっと怒鳴り散らしている女の先生がいた。罵声の一言一句を記憶していないけれど、罵る相手が私たちであることだけは、分かりやすく伝わってきた。なにしろその女性は、夏休み期間で園児が一人もいないカラッポの教室で、ひたすら怒鳴り散らしていたのだ。あてこすり目的でなければ、異常をきたした人間である。

 

この日記を書いた22日後に、アメリカで同時多発テロが起きる。

刻々と伝えられるテロ現場の凄惨な光景は、見ているものの生命力をも削っていったように思う。

 

さらにその翌月、私はバセドウ病治療薬であるメルカゾールの副作用から、無顆粒球症という、白血球の一部が激減する病気を発症して、入院することになる。自力で病院にたどり着いたときには、炎症で気管が塞がる寸前だった。

 

ギリギリのところで死なずに済むという経験を経て、理不尽に生命力を削る情報や、自己保身のためのハラスメント構造を抱え込んでいるような組織集団とはきっぱり決別すべきだと強く思い、息子の施設退園を決めた。

 

 

 

お昼過ぎの日記

こんにちは。

 

f:id:puyomari1029:20200916115446j:image

 

 

収束寸前だっためまいが、今朝になってプチ復活。

 

どうやら、寝すぎたのが原因らしい。

 

昨夜は11時前後に睡眠導入剤抗うつ薬ゾルピデムと…ええと、ミルサダピン、だっけか。どちらも5ミリずつ)を飲んで、末っ子に音読をお願いし、あっという間に寝てしまった。末っ子音読の催眠効果、ハンパないのである。

 

で、起きたのは9時前。

いつもなら、朝の6時過ぎには息子に起こされるのだけど、昨夜は息子がショートステイでいなかったから、寝っぱなしだったのだ。

 

末っ子のお弁当を含む朝の家事は、めまいでぶっ倒れて以来、亭主に代わってもらっている。

 

長時間催眠で頭の動きが少なかったため、三半規管に耳石がまた入り込むか体積が増えたかなにかして、ふたたび幅を利かせているのだろう。

 

めまいは復活したけど、吐き気はない。

よく眠れたお陰で、頭から鬱っぽさが抜けて、スッキリしている。有難いことだ。

 

昨夜読んでもらったのは、白水社の「レトリカ」という比喩表現辞典。子どもたちが生まれる前に買った、宝物である(のに、最近まで魔窟の奥に埋もれていた)。

 

 

レトリカ―比喩表現辞典

レトリカ―比喩表現辞典

  • 発売日: 1994/02/01
  • メディア: 単行本
 

 

私が持っているのは、第2版。

初版は持っていない。出たのは1988年だというから、まだ学生の頃だ。見つけていれば家賃分を回してでも買っただろう。

 

レトリカ―比喩表現事典

レトリカ―比喩表現事典

  • 発売日: 1988/11/01
  • メディア: ハードカバー
 

 

 

言葉の用例集に目がないのだ。

 

国語辞典も、ふんだんに用例が引いてあるものが大好きだ。高校の頃に手に入れた学研「国語大辞典」は、宝物すぎて、毎日持って登校したほどだ。放課後に図書室に寄って、辞書を読みながら小説を読むのが、なによりも好きだった。

 

いつか自分でも、自分のための宝物みたいな用例集を作りたいと思いながら、いまだにできずにいる。

 

ネットでホームページやブログをやるようになってからも、何度も何度もやろうとしているけれども、頓挫ばかりしている。没頭できるような状況ではないから、仕方がない。

 

と、ここまで書いて、ふと思いついた。

昨日書いた「親愛な」の記事のようなものを、折に触れて書いていって、「ねこんでる国語辞典」というカテゴリーに放り込んでいけば、自然と用例集になるではないか。

 

このやり方なら、気負わずにできるし、たぶん続く。

 

一週間に一項目でもいい。

一年で五十語でも、十年続ければ、五百語になる。

ゆっくりやろう。

 

 

今日のやることリスト

 

 

  • 病院に行く(大腸がん検診の申し込み)
  • 本の整理(長女さんが古い本の埃を払って出してきてくれたので)
  • ブログ記事の整理(昨日は21本追加したけど、読書関係の記事のリストを作っていないので、それも)
  • めまいが一段落したら、家事復帰。

 

 

ラノベメモ

 

小説家になろう」で、最近読み始めた小説。

 

「誰かこの状況を説明してください」(徒然花 著)

 

ピッコマでコミック版を読んだら面白かったので、原作小説も読みたいと思っていたのだ。

 

貧乏家族の長女であるヴィオラは、公爵家の当主であるサーシスに望まれて、形だけの妻になるという契約結婚に同意する。

 

サーシスには既に同棲している最愛の女性がいるのだけど、踊り子だったその女性を正妻に迎えたくても周囲が許さず、いろいろと面倒ごとも増えてきたため、カモフラージュのための妻が必要だったのだ。

 

契約では、ヴィオラはただ屋敷にいてくれさえすれば、あとは贅沢に過ごそうが愛人をこしらえようが自由にしてかまわないとのことだった。サーシス本人は、愛人と二人で別棟に住み、本館にはほとんど立ち寄らないという。当然、夫婦生活もナシである。

 

そうして、本当に形ばかりの「公爵夫人」の暮らしが始まったものの、ヴィオラは1日もたたずに退屈と孤独を持て余してしまう。

 

実家では、数少ない使用人たちと共にせっせと家事に勤しみ、三度の食事も家族や使用人たちと一緒に賑やかに食べていたのに、バカみたいに広いダイニングで、誰とも会話することもなく、一人ぽっちで豪華な料理を食べなくてはならないのだ。

 

食事が済んでも、やることといえば、公爵夫人らいし刺繍や読書。自分で自分の服を仕立てていたヴィオラには、物足りなくてたまらない。夫のサーシスが不在なのはどうでもいいし、むしろ有難いくらいだけど、ヒマすぎるのは耐えられない。

 

というわけで、ヴィオラは執事や侍女たちと交渉し、自分も使用人と同じお仕着せの作業衣を着て、彼らと一緒に働くことにした。

 

執事も侍女たちも、当主であるサーシスが身分の低い愛人にかまけて、気立てのいいヴィオラを蔑ろにしている状況を苦々しく思っていたため、ヴィオラの意向を最大限尊重するために、全面的に協力してくれることになった。

 

その結果、別棟に篭る当主に少しも顧みられることのなかった公爵家の本館は、見違えるように美しく魅力的な居住空間となってしまった。

 

使用人たちも、自分たちの仕事を高く評価するだけでなく大喜びで一緒に働いてくれるヴィオラを慕い、期待に応えようと熱心に働くようになり、本館はますます活気づいていく。使用人たちとの深い信頼関係を作りあげたヴィオラは、夫不在の結婚生活を存分に楽しむようになった。

 

結婚から数ヶ月たったころ、本館の変化に気づいたサーシスが、本妻であるヴィオラに興味を抱いて、何かにつけて接近してくるようになった。最初のうちは、たまに夕食を共にするくらいで、夜は別棟の愛人のところに帰っていたのだけど、次第にその頻度が高くなり、やがて夜も本館で就寝するようになってしまう。

 

ヴィオラとしては、そんなサーシスの変化は迷惑この上ないものだった。使用人のお仕着せを着て働くことも、使用人たちと一緒に賄いを食べることもできなくなってしまうからだ。

 

当然、別棟の愛人のほうも面白くないわけで、本妻であるヴィオラへの面会を何度となく申し込んでくるようになり、執事に追い返されてなかなか会えないものだから、使用人のお仕着せスタイルのヴィオラを捕まえて、本妻を呼んでくるように頼んだりするようになった。

 

サーシスに微塵も愛情を持っていないヴィオラとしては、愛人女性に対して思うところは何もなく、むしろその美しさにうっとりと見惚れるほどだったのだけど、もちろんそのまま事態が収まるはずもなく、やがてド修羅場の時を迎えることになる。

 

けれども修羅場は、公爵であるサーシスを間に挟んでの、正妻と愛人の対決……とはならなかった。

 

いつのまにかヴィオラの健気さに惚れ込み、同時に公爵家当主としての責任に開眼したサーシスが、ヴィオラと本当の夫婦になることを理由に、愛人に一方的に別れを告げたのだ。

 

ところが愛人のほうも、サーシスをその場で見限り、とっととサーシスをヴィオラに返して自分は出て行くと高らかに宣言。

 

それを聞いたヴィオラが、公爵なんか返されても困るしいらないとキッパリ辞退。

 

愛人がいなくなれば、形だけの妻であるヴィオラの存在意義も無くなる。そうなると離婚の可能性も出てくるわけで、お忍びで公爵家の使用人ライフを満喫しいたヴィオラとしては、なんとしても愛人を引き止めたかったのだ。そんなヴィオラには、本当の夫婦になりたいというサーシスの意図は全く伝わっていなかった。

 

そんなわけで、サーシスの立場が地に落ちた以外は、至極円満に愛人問題が解消されてしまった。

 

その後は、長年の素行不良のせいで使用人全員に白眼視されるサーシスが、自分に全く興味を持たない妻のヴィオラを振り向かせるために、努力の空振りを続けるする流れとなる。

 

この先どうなるか……ある程度の想像はつくけど、楽しみだ。

 

 

形容動詞「親愛な」の意味用法についての考察 (`ط´≠)

 
google検索をしていたら、いきなり画面に呼びかけられた。


「親愛なChromeユーザー様 おめでとうございます!」


iPadなどがもらえる権利を獲得したので、アンケートに答えろという。


幸か不幸か目出度いことには縁が薄いと自覚しているので、とっとと画面を閉じて、


「親愛な ユーザー様 おめでとうございます」


google検索してみたら、類似のフィッシング詐欺の情報がどっさり出てきた。
二年ほど前から、目先をいろいろ変えながら続いている詐欺であるらしい。


アンケートに答えると、最新型のiPhoneを百円くらいで購入できると言われ、その支払いのためにクレジットカードの情報を求められるのだとか。

引っかかった体験談を書いている人もいたようだ。

 

そうした記事をいろいろと読んでいたら、また出た。

 

 

f:id:puyomari1029:20200915143319p:plain

 

 

たいへんウザい。(-"-)


こういうフィッシング詐欺の表示は、Nortonなどのセキュリティ対策ソフトではシャットアウトできないものなのだろうか。


などと心の中でつぶやいていたら、Nortonさんが、さっそく仕事をはじめた。

 

 

f:id:puyomari1029:20200915143412p:plain

 

この Web ページは既知の悪質な Web ページです。 このページを表示しないことをお勧めします。

 

だそうだ。

 

ただ、ちょっとおかしいことがある。

 

そのとき私が開こうとしていたのは、google検索の結果表示なのに、nortonが遮断したのは、

 

「b.st-hatena.com」

 

という文字列を含むURLなのだ。

 

何がどうしてそうなったのだろうか。(。´・ω・)?

 

ちなみに、同じ検索ワードを使った場合、同じように遮断された。

違う検索ワードでは、遮断されなかった。

危険かもしれないので、遮断された検索ワードはここには書かないことにする。

 

というのもそっけないので、ちらっとだけ書くと、「けっ」という気持ちを表す顔文字を探したかったのである。

 

別の検索ワードで探して、これを見つけた。

 

(`ط´≠)

 

なかなかの面構えである。

 

それはさておき、このフィッシング詐欺のメッセージ、なんとなく不自然ではある。

 

「親愛な」という表現は、英語のdearの直訳なんだろうけど、翻訳された文章以外に使用例があるとは思えない。そして翻訳文でも、「親愛な」ではなくて「親愛なる」とされることのほうが、多いのではなかろうか。少なくとも翻訳小説などで「親愛な」という表現を見かけた覚えがない。英検などの問題集では、どうなんだろう。

 

ちなみに「親愛な」でgoogle検索すると、メールを翻訳した文章らしきものと、このフィッシング詐欺について報告するサイトが、ずらりと上位に並ぶ。

 

「親愛」という言葉の辞書的な意味は、

 

「人に親しみと愛情を持っていること」(goo辞書より引用)

 

といったところだが、ネット上でこういう「親愛なる」を見続けていると、国語辞典の意味記述を書き換えたくなってくる。

 


 しん-あい【親愛】 名詞・形容動詞

  1. 人、もしくは人格を感じられる存在に対して、親しみと愛情を持っていること。また、そのさま。ただし、この意味において形容動詞連体形「親愛な」の形で使用される頻度は、翻訳語を除けば極めて低い。
  2. 「(「親愛な」の形で)詐欺行為を目論む人間が、無作為に選んだ見ず知らずの相手にメッセージを送る際に、相手の呼称につけることによって、不信感を抱かせないことを目的として用いる表現。

 

  (「ねこんでる国語辞典」より引用)

 

「親愛な」という表現をつけて呼びかけてくるメッセージをネット上で送られた場合、そのメッセージは、日本語の習熟度の低い人物が機械翻訳などに頼って作ったものと考えるべきかもしれない。

 

そうしたメッセージが、棚からボタモチ的な情報を伝えるものであるなら、まず間違いなく詐欺目的であるから、決して反応してはいけない。

 

f:id:puyomari1029:20200915152349g:plain