湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

ねこたま日記(日録)

こんにちは。

 

今日やること、やったこと

 

やることリスト

 

  • ウォーキング(雨なので家の中で歩こう)
  • オヤツ作り(手抜きティラミス)
  • 読書メモ(大量に読んでる「なろう」作品を中心に)
  • 部分的衣替え(寒いから冬物を少し出したい)
  • スキンケア(なんか乾燥気味なので念入りに)
  • 布団乾燥器をかける(家族の分を順番に)

 

 

すでにやったことリスト

 

  • 買い物に行った(2500歩)
  • 掃き掃除した
  • プリン製作中(手抜きティラミスの材料として)

 

 

プリンの素を買ってきてプリンを作るのって、何年ぶりだろう。

 

というか、プリンの素が今もまだスーパーで売られていることに感動した。

 

ハウスのプリンといえば、子どもの頃の自家製オヤツの定番だったけど、いまは出来合いのを買うのが普通になっている。無くなってしまっていても不思議じゃないと思っていた。

 

5人家族の我が家としては、プッチンプリンを買うより安上がりだし、また時々作ろうかな。

 

 

 

 

これから作る予定の手抜きティラミスのレシピは、先日買った「魔法のてぬきおやつ」に掲載されているもの。

 

www.youtube.com

 

上手に作れるかな。

 

見た目は悪くてもいい(私のことだから確実にグチャると思う…)。

食べておいしいものになってくれれば十分。

 

 

本のメモ

 

お絵かき用に、お花の図鑑を亭主に買ってもらう予定。

 

 

 

ツイッターで見かけて気になった「千個の青」という小説。韓国の新進気鋭SF作家の作品で、韓国科学文学賞大賞受賞作とのこと。早川書房から出ている。

 

Amazonの内容紹介文を引用してみる。

 

故障のため安楽死させられる競走馬・トゥデイと、
廃棄直前のロボット騎手・コリー。
一頭と一体を救おうとする、少女たちの物語──。

 

小児麻痺で車椅子に乗る17 歳のウネと、ロボット研究者の夢に挫折した15 歳のヨンジェ。深い諦念を抱えつつ懸命に生きる姉妹は、たった千個の単語しか知らないロボットのコリーによる、素直で率直な意見に心を動かされていく。


ヨンジェの才能を利用するため彼女をロボットコンテストへの出場に誘うクラスメイトのジス、競走馬のトゥデイ、残酷な運命に心を痛める獣医ポッキ。ぶつかり合いながらも、それぞれが自分の望みと向かい合うとき、トゥディとコリーの運命は大きく転回していく……。

 

なんとなく、「ヒッキーヒッキーシェイク」(津原泰水 著)を連想した。あれも好きな作品だった。

 

まだ文庫版は出ていないようで、kindle版も2200円となっている。

読みたいけど、お財布的に厳しい。(T_T)

 

でもいつか読みたい。

末っ子の学校の図書館に入らないかな。

 

 

 

 

BGM

 

FINAL FANTASY Ⅴの、「ビッグブリッジの死闘」が急に聞きたくなって、YouTubeで探して聞いている。

 


www.youtube.com

 

RPGゲーム「ファイナルファンタジー」は、1から10までは全部プレイしているけれど、それ以降の作品とネットゲームは未プレイ。もうやることはないかもしれない。一生分遊んだ気がするから。

 

でも音楽はいろんな思い出と結びついているので、これからも時々聞くと思う。

 

 

 

 

ねこたま日記(日録)

こんにちは。

 

f:id:puyomari1029:20211021202521j:image

 

店先からハロウィングッズが少しずつ姿を消して、ちらほらとクリスマスグッズが置かれつつある。そのせいで気分がすっかり年末だ。

 

 

今年の夏が記憶からほぼ消えている。

春も負けず劣らず印象が薄い。

 

 

自分のブログでも読み返せば色々と思い出せるのだろうけど、季節を度外視しなくてはならない状況だったことくらいは覚えているから、わざわざ記憶を掘り返す気にもならない。

 

 

それよりも、先のことを考えたほうが、きっと楽しい。

 

 

 

(_ _).。o○

 

 

なんとなく「ユーミンブランド」が聞きたくなって、iPhoneで流しながらこれを書いている。

 

 

ユーミンブランド (1)

ユーミンブランド (1)

Amazon

 

荒井由美」の曲をはじめて聴いたのは中学2年の時だった。

 

当時、私を含めてクラスの女子のほとんどがユーミンの曲のファンだったけど、合唱部の子が「荒井由美の発声を私は認めない」と言い張っていて、若干悲しい気持ちになったものの、その子のソプラノがうっとりするほど素晴らしかったこともあり、クラス内ではユーミンは本道から外れた個性派みたいな位置付けに落ち着いて、でもみんな聴き続けていた。

 

検索して調べたら、「ユーミンブランド」の発売は1976年で、私が中学入学した年だった。ロッキード事件が起きたのもその年だけど、それよりもアントニオ猪木モハメド・アリ異種格闘技戦があったことのほうが印象深い。あれは意味の分からない戦いだった。立ったまま拳を振るうモハメド・アリアントニオ猪木がひたすら寝技(?)で迫ろうとして、どちらの攻撃も全く相手に届かないまま終了したように覚えている。私は格闘技には特に興味のない子どもだったけれども、あの中継をいまだに記憶しているのは、その年の校内弁論大会でプロレスこそが史上最強であると滔々と論じた男子が賞を取ったからだった。同じ大会で近所の公園に大挙してやってくる花見客が酔っ払ってやかましい上にゴミを撒き散らして帰る迷惑を自然に対する恥ずかしい冒涜だと訴えた私は賞にかすりもしなかったのはどうでもいいけど、こんなことを書いていたらなんだかプロレス漫画が読みたくなった。

 

 

 

手放しちゃったなあ、小林まこと作品。寂しい。

書い直すならKindle版だな。置く場所がもうないから。

 

(_ _).。o○

 

 

先のことを考えたほうが楽しいなんて書いておいて、大昔のことばかり思い出している。「ユーミンブランド」のせいだろう。

 

 

今日のことを少しメモ。

長女さんの調子があまりよくない。今週は月曜日に就労支援施設の体験利用があり、昨日は精神科の主治医の診察、今日は心理療法の描画セラピーだった。出歩くことが続いて疲れたのだろうか、夕方に少し私に対して被害妄想が出ていた。このままではよくないと思い、来週の就労支援施設の体験利用をキャンセルすることにした。

 

 

(_ _).。o○

 

 

やっぱり「女神転生5」、やりたいなあ。

でもお値段がお高い…。

 

Switch版の「やわらかあたま塾」が十二月に出るらしい。こちらは女神転生の半額以下なので、もう少し気楽に買えそう。

 

 

 

 

 

 

微妙な成功…

 

ペットボトルのラベルでしおりを作るという動画を見て感動した。

 

youtu.be

 

 

何冊もの本を平行して読む習癖があるので(一冊読み終わる前に別の本が気になってしまうから)、本のしおりは必需品だし、何枚あっても困らない。

 

ペットボトルのラベルには、使い捨ててしまうのがしのびない素敵なデザインのものもある。

 

というわけで、動画のマネをして作ってみた。

 

素材にしたのは、このボトル。

 

 

 

f:id:puyomari1029:20211021155819j:plain

 

 

動画で見たように、ラベルをきれいにはがして切って、熱湯につけて、アイロンをかけて……

 

 

ゆがんだ。(´・ω・`)

 

f:id:puyomari1029:20211021160026j:plain

 

 

きっちり長方形に切ってから熱湯に漬けたのだけど、縮み率がオレンジ部分とそれ以外とでかなり違ってしまって、できあがりがまっすぐにならなかった。

 

それをごまかすために、ちょきちょき切っていたら、どんどん細くなって、ますます不格好に……

 

取り返しのつかなくなる前に、切るのをやめた。

 

でもまあ、本に挟んでしまって下のほうが見えなければ、まずまず素敵に見えなくもない。

 

 

f:id:puyomari1029:20211021161318j:plain

 

 

そういえば末っ子が小さいころ、プラバンでいろいろ作ったことがあったっけ。

 

またやってみようかな。

 

 

 

 

 

 

「材料2つから作れる魔法のおやつ」は本当に材料2つだった。

先日、とある事情で百合雑誌を購入しなくてはならなくなった時、レジに差し出すときの心理的抵抗感を緩和すべく、全く無関係なジャンルの本を一緒に買った。

 

↓とある事情

本棚の百合、試された勇気… - 湯飲みの横に防水機能のない日記

 

 

買ったのは、「材料2つから作れる!魔法のてぬきおやつ」という料理本

 

 

 

読んでみたら面白くて、すぐにいろいろ作りたくなった。

 

まず作ってみたのは、焼きチョコ風クッキー。

 

板チョコ2枚と小麦粉60グラムだけで作れてしまう、すぐれもの。

 

作者の「てぬキッチン」さんが、YouTubeにわかりやすい作り方動画をアップしておられるのをみつけたので、そちらを貼っておく。

 

材料2つですぐ出来る!超簡単『チョコレートクッキー』Chocolate cookieIce made with two ingredients - YouTube

 

 

ほんとに簡単そうに見えるし、実際簡単だと思うのだけど、不器用な私の手にかかると動画のようにキレイにはできない。

 

でも、すごく美味しかった。

長女さんと末っ子にも好評だったので、また作ろうと思う。

 

f:id:puyomari1029:20211019225326j:image

 

 

もう一つ、即席もちもちパンというのも作った。

 

こちらも材料は二つだけ。

ホットケーキミックス150グラムと、プレーンヨーグルト120グラムを混ぜて焼くだけ。

 

材料2つですぐ出来る!驚きの『即席もちもちパン』Easy bread - YouTube

 

簡単なんだけど、私が焼くと、なぜか平べったくなった。

 

 

f:id:puyomari1029:20211020105046j:image

 

 

平べったくても、味に問題はない。

ホットケーキよりも軽い食感。

お夜食として、チーズと一緒に食べた。

 

 

百合本のおかげて入手することになったレシピ本だけど、とっても気に入った。なんと言っても、材料の数が少ないのが素晴らしい。

 

今夜も何か作ろうと思う。

 

 

 

 

ねこたま日記

こんにちは。

 

f:id:puyomari1029:20211020102429j:image

 

 

今日のやること、やったこと

 

朝イチで、長女さんの通院の付き添いをしてきた。(8時半ごろ受付)

 

退院後初めての受診になる。

家でリラックスして過ごせていること(長女さん曰く、入院中の人格をアンインストールして家の自分を再インストールしたとのこと)、就労支援施設の体験利用で感じたことなどを、長女さんが主治医に報告。

 

それと、退院時に持たされた処方薬のなかに、頓服としての睡眠導入剤ゾルピデム)を入れ忘れられていで困ったことを伝えたところ、主治医はちゃんと処方の指示を出していたとのことだった。どこかで手違いがあったのだろう。今日はちゃんと出してもらえた。

 

長女さんは、明日同じ病院で、朝9時から描画セラピーを受けるので、また車で送迎をする予定。

 

 

今日はこれから、末っ子のワクチン接種(2回目)にも付き合う予定。たぶん熱を出すだろうから、好物のチョコミントアイスなどを買っておいた。