湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

ねこたま日記(コロナワクチン副反応3日目)

こんにちは。

 

f:id:puyomari1029:20210804113144j:image

 

今朝の体温は37.6度。

 

頭痛がして、かなりだるかったけど、バファリン飲んだらスッと落ち着いた。

 

 

 

末っ子がドラッグストアの店員さん(白衣着てる人)に相談して選んでもらったバファリンだけど、とてもよく効いてくれている。ワクチン接種後に、これを買っていくお客さんが多いんだとか。

 

腕の痛みはだいぶ減って、かゆみが出てきた。

 

今日の夜くらいまでには、副反応はほぼ終結しそうに思う。

 

 

同じ日に接種した亭主は発熱はしなかったものの、腕の痛みがだいぶ辛いらしい。

 

体調的にはコロナ感染後に近いと言っている。

 

亭主は味覚異常以外の症状は軽かったけど、自宅療養中、ずっと眠りが浅かったという。接種後、あのころと同じように早朝に目が覚めてしまうとのこと。

 

 

「このワクチン、ほとんどコロナに感染させられるようなもんやな」

 

と言っていたけど、私も同感だ。解熱鎮痛剤が切れて熱が上がってくると、2週間も個室に隔離されていた入院中の記憶がフラッシュバックしてきて、なんとも言えない気分になる。

 

看護師さんたちは概ね親切だったし、Kindleで大量に本を読んでたし、毎日ゲームやってブログ書いて遊んでもいたから、嫌な記憶ばっかりでもないのだけど、二度とごめんこうむりたい体験であるのは間違いない。

 

 

 

(_ _).。o○

 

 

先月下旬から、長女さんが入院している。

統合失調症の急性期のための医療保護入院という形で、退院まで三か月ほどを予定していると、主治医に言われた。

 

新型コロナのため、家族の面会はできない。

先週、亭主に差し入れを持っていってもらったけれども、いまは両親への拒否感が強いらしく、伝言などもなかった。

 

小学校5年から不登校で、中学は通わないまま卒業。通信制の高校(サポート校つき)を卒業後、息子の通う介護施設のボランティアに入り、その後パート雇用で5年ほど働いていたけれども、心身の不具合のために6月に退職。しばらくは家でゆっくりして、次の仕事を探そうと話していたところでの「発病」だった。

 

今年の春頃から少しづつ「何かがおかしい」とは感じていたけれども、陽性症状が明らかになる直前まで、和やかに会話していたし、コロナ後遺症を抱える私を思いやってくれる言葉をかけてくれてもいた。

 

長女さんの就業の仲介をしてくださっているケアマネージャーさんは、職場の上司のかたとのやりとりで、かなり早い時期から発病を疑っていたようだ。発病を確信した私が電話で相談すると、即座に病院と連絡を取って、入院への筋道を用意してくださった。親だけでは、とてもそこまでスムーズにはいかなかったと思う。

 

正直、気が動転したし、いまも「何が悪かったのか」という自問がとまらず、答えもみつからない。

 

 

何も、できない。

そのことに愕然とする。

 

 

春頃から、長女さんは家の中のあらゆるものをポリ袋に詰め込んでいた。私の本や服、台所用品、大量のぬいぐるみや人形などが、45リットル入りのゴミ袋に詰め込まれ、クローゼットなどに押し込まれていた。

 

ワクチン接種前に、袋詰めされていたぬいぐるみや衣類のほとんどを処分した。ゴミ袋20個分は捨てたと思う。本も少しづつ売りに出している。

 

 

 

副反応が治ったら、家の断捨離を続行しようと思う。

 

ほかに、出来ることがない。

 

 

 

 

ねこたま日記(副反応キツイ…)

こんにちは。

 

 f:id:puyomari1029:20210803152233j:image

 

昨日の午前中に新型コロナワクチンの1回目を打ってきた。

 

その後、打ったほうの左腕がやたらと熱くなってきたので、濡れタオルで冷やしたりしていたのだけど、夜になって少し痛みが出てきた。

 

なぜかお腹も壊したみたいで、腕よりも痛くて辛かった。

 

 

今朝起きたら、腕の痛みが激痛っぽくなっていた。

 

時折、肩や脇腹に刺すような痛みが走る。

 

どちらの痛みにも覚えがある。

新型コロナに感染して高熱で唸っていたときと、同じ痛みだ。

 

 

午前中のうちは平熱だったけれど、食欲皆無。水を飲むのもつらいけど、脱水が怖いので、がんは少しづつ水分を取っていた。

 

 

お昼を過ぎたころ(昼食は亭主の作ってくれたうどんを3本ほど飲み込んで、リタイアした)、扇風機の風が顔に当たるたびに、ひどい寒気を感じた。

 

熱を測ってみたら、37.9度あった。

 

末っ子に頼んで、解熱鎮痛剤を買ってきてもらって飲んだら、少し楽になったので、いまこれを書いている。

 

 

一緒に接種した亭主は、腕の痛みだけで発熱はしていない。感染したときも、高熱を出したのは私だけだった。

 

どうやら私は新型コロナと相性が悪いらしい。

 

ワクチンで免疫暴走が起きることはないと思いたい。

 

 

2回目の接種は今月末になる。予約は取れた。

憂鬱だ。(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

ねこたま日記

こんにちは。

 

f:id:puyomari1029:20210802112129j:image

 

さっきワクチンを接種してきた。

モデルナ製。

 

10時18分に打って、30分会場で待機してから、徒歩で帰宅。

 

一緒に打った亭主は10分間待機だった。

 

私の待機時間の長いのは、持病がいろいろあって、複数の処方薬を飲んでいるからだろう。

 

バセドウ病甲状腺機能低下症(バセドウ病の治療のために甲状腺を潰しちゃったため)、無呼吸症候群、高脂血症うつ病過敏性腸症候群ADHD。「症」だらけだ。

 

帰宅後も安静にしているけれども、いまのところ、なんともない。痛みもでていない。このまま何ともなければいいな。

 

 

インフルエンザの予防接種の注射針が超痛かったので、覚悟して行ったのだけど、ほぼ無痛で、見ていなければ針を刺したと分からないほどだった。

 

次は四週間後。これからまた予約を取らないと。

会場で取れればいいのに。

 

 

待機中に読んでいた本。

 

阿刀田高新約聖書を知っていますか」

 

ずっとバッグに入れてあって、病院の待合室で読んでいる。

 

教会学校に通っていたおかげで、取り上げられているエピソードのほとんどは既知のものだけれども、作家の視点でのんびりとお話してくれる感じが気に入っている。

 

阿刀田高の「〜知っていますか」シリーズはほかにもいろいろあったはず。これを読み終わったら、病院用に仕入れようかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

ねこたま日記

こんにちは。

 

f:id:puyomari1029:20210731114214j:image

 

コロナ後遺症から回復したといっても、本調子からは程遠い。

 

8ヶ月近く寝込んでいたせいで、筋力体力がすっかり落ちてしまっている。体重が減ったのは嬉しいけど、落ちたのは脂肪じゃなくて、ほとんど筋肉かもしれない。

 

 

いきなり運動するわけにもいかないから、少しずつ家事の量を増やしたり、外歩きを少し長くしてみている。

 

 

料理はまだ亭主にやってもらっている。

亭主としても、自宅での仕事の合間に買い物して料理するという生活習慣が確立してしていて、それがいい具合に気分転換にもなっている様子だから、もうしばらくは甘えさせてもらおうと思う。

 

 

私はというと、洗い物や掃除洗濯、片付けなどを、疲労がたまらない程度に小分けしてやっている。

 

洗い物などしていても、口から心臓が転がり出るような怖い動悸は起こらない。

 

つい一ヶ月ほど前までは、続けて15分の立ち仕事が無理だったのに、今は小一時間動き回っても平気になった。

 

疲れを感じても、お茶など飲みながらしばらく休めば元に戻る。

 

翌日にぶっ倒れることもない。

 

 

健康って、本当にすばらしい。(;_;)

 

 

 

回復できたことに感謝しつつ、家の掃除を頑張っている。

 

不用品の廃棄と、模様替え。

 

 

クローゼットを占拠していた、大量の古着や教材類、子どもたちのオモチャなど、なんとなく捨てがたくて手をつけずにいたものを、どんどん整理して処分している。

 

 

先々のことを考えて、整理すべきだということは、ずっと前から思っていたけど、今回コロナで倒れてから、その思いはなおさら強くなっていた。

 

 

身の丈にあった物量を維持しながら、必要なものだけを大切にして、心地よく暮らそう。

 

 

コロナ後遺症の最期

 

多分、「治った」のだと思う。

 

先週末あたりから、洗い物などの家事をやっても心拍が毎秒100を超えなくなった。

 

外を歩いていて、座り込みたくなるほどの疲労感に襲われることもない。

 

この数日、調子に乗って近所を歩き回ってみているのだけど、あの身体の内側をヤスリで削られるかのような異様な消耗感が一度も起きていない。ひどい身体の痛みもない。普通に疲れるだけだ。

 

 

そして、寝起きの体調不良が消えて、とってもラクになった。

 

 

まだ亭主に家事のサポートをしてもらっているけれども、少しづつ生活を元に戻し始めている。

 

 

 

なぜ急に元気になったのかは、わからないけれども、なんとなく、「壊れていたパーツの修復が、一気に完了した」感じだ。

 

予想としては、運動、あるいはエネルギー代謝に関係する部位が、コロナに感染する以前の状態に戻ったのではないかと思う。ミトコンドリアとか、それ周辺の何かかもしれないし、自律神経系に関係する何かかもしれない。

 

 

脳の調子のほうも、読書に関しては完全復活している。ラノベや漫画以外の本も、普通にドカ読みできる。思考に霞がかかったような感じがすっかり消えた。

 

 

新型コロナ感染で、何が壊れて、どう治ったのかはわからない。

 

一つだけ言えるのは、退院後の七ヶ月あまり、何事においても極力無理せず、食事と睡眠をしっかり摂って休養することが、回復のために必須だったのだろうということだ。

 

全ては家族の支えのおかげだ。

感謝しかない。

 

 

というわけで、昨年末から書き続けできた「コロナ療養日記」は、今回をもって最後とする。

 

 

 

長かった……。