湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

Kindle

天平文化の復習(1)「大仏開眼」

末っ子の日本史受験対策という名目で、NHKアーカイブスなどのコンテンツをKindle fireで鑑賞する日々が続いている。 Fire HD 10 タブレット 10.1インチHDディスプレイ 32GB オリーブ Amazon Amazon 私も末っ子もADHDなので、長時間テレビ番組を見ようとして…

Kindleで読んだ本(2022年8月)

先月(2022年8月)Kindleで読んだ本の感想メモ。 ネタバレがありますので、気になる方はご注意ください。 また、書籍によっては、Kindle Unlimited(読み放題)で利用できる期間が終了する場合がありますので、そちらもご注意をお願いします。 永井路子「望…

ねこたま日記

こんにちは。 曇り空だけど、かなり蒸し暑い。 現在、外の気温は32度だそうだ。 朝9時前に、長女さんを病院に送り届けて(受診とデイケア)、ショッピングモールへ。 亭主に昼食を何か買ってきてと頼まれていたので、お弁当コーナーなど眺めていたのだけど、…

今日のテキスト(5)枕草子 第二段「頃は」

頃は、正月、三月、四・五月、七月、八・九月、十一月、十二月、すべて折りにつけつつ、一年(ひととせ)ながらをかし。 【現代語訳】 季節は、正月、三月、四・五月、七月、八・九月、十一月、十二月、すべてその折々にて、一年中、趣きがあります。 川瀬一…

Kindleで読んだ本(2022年7月)

先月(2022年7月)Kindleで読んだ本のメモ。 (あらすじ、ネタバレを書く場合があります。また、Kindle Unlimited(読み放題)で利用したと書いている書籍が、のちに読み放題期間が終了する場合もありますので、ご注意ください。) 鶴谷香央理「メタモルフォ…

先月Kindleで読んだ本(2022年6月)

気がつけば、すでに7月。 6月に読んだKindle本のまとめを書き忘れていたので、あわてて書いた。 (以下、ストーリーのある作品は若干のネタバレも含むので、ご注意ください。) 手島史詞「魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?」15巻 …

Kindleで読んだ本(2022年5月)

今月はだいぶ少な目だった。 読了していない本についてもメモを残すことにする。 ※当ブログの読書記事は、あらすじネタバレありありで感想を書くので、気になる方、困る方は閉じてくださいm(. .)m ※kindle unlimited(読み放題)で読めると書いた本については…

「鎌倉殿の13人」(18)壇ノ浦で舞った男

先週日曜に放映された第18回「壇ノ浦で舞った男」を、一週間たった今日になってやっと視聴した。 前回「助命と宿命」での源義高の死が痛ましすぎた上に、食事や食べ物の出てくるシーンがなかったので心折れて、見る勇気を溜めるのに時間がかかってしまった。…

kindleで読み放題できるコウペンちゃんの本

入院中の長女さんに「コウペンちゃんとまなぶ世界の名画」(るるてあ著)という絵本を差し入れしたら好評だった。 この絵本、kindle版も出ていて、現在、読み放題(unlimited)で利用できるようだ。 コウペンちゃんとまなぶ世界の名画 作者:稲庭 彩和子,鮫島 圭…

Kindleで読んだ本(2022年4月)

四月中に読んだkindle本の感想メモ。 読了していない本も備忘録として書いておく。 …そして全部は書ききれなかった。(´・ω・`) 相澤理「歴史が面白くなる東大のディープな日本史-古代・中世編」 歴史が面白くなる 東大のディープな日本史【古代・中世編】 …

「鎌倉殿の13人」(15)足固めの儀式(歴史音痴と大河ドラマ)

第15回「足固めの儀式」を見た。 大変に、後味の悪い回だった。(´・ω・`) 時期的にそろそろだとは思っていたし、ツイッターで「#上総介ロス」等の文字列がちらちらと目に入っていたから、覚悟はしていたけど、上総介広常の亡くなり方の無惨さは、軽く想像を…

今月Kindleで読んだ本(2022年3月)

「漫画 人間とは何か? 自己啓発の劇薬 マーク・トウェインの教え」マーク・トウェイン原作 漫画 人間とは何か? 作者:マーク・トウェイン 文響社 Amazon Kindle Unlimited(読み放題)で読んだ本。 (2022年3月29日現在読み放題可) 原作は未読。 妻子を失っ…

kindle読み放題できる本と、できなくなった本

ちょっと前にkindle unlimited(読み放題)で利用した永井路子の小説「執念の家譜」が、今日確認したら、読み放題から外れていた。(´・ω・`) 執念の家譜 (講談社文庫) 作者:永井路子 講談社 Amazon さっさと読んでおいてよかった。(´・ω・`) 読み放題本は、期…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(8)いざ、鎌倉

第八回「いざ、鎌倉」を視聴した。 坂東武者たちと頼朝(大泉洋)の間の不協和音がどんどんボリュームアップしてくる回だったので、見ているのがしんどかった。 千葉常胤(岡本信人)は頼朝に心酔している(というか亡き義朝を重ね合わせている)様子だったけれど…

今月Kindleで読んだ本(2022年2月)

気が付けば、二月が終わっていた。(´・ω・`) 無料の青空文庫版や読み放題サービスを(kindle unlimited)を利用して、あいかわらずドカ読みしている。 読みかけの本も多いので、感想メモを全部書くのは無理だけど、可能な限り頑張ってみた。 太宰治「右大臣実朝…

ねこたま日記

こんにちは。 息子の介護施設では、また新型コロナが出たという。例によってスタッフ全員の検査結果が出るまで、お休みになった。 昨日は朝からガスの点検が来るというので、息子を連れて車で買い物にに出た。真冬でもて半袖シャツにトランクスいっちょの巨…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(4)

第4回「矢のゆくえ」を視聴した。 治承四年八月十七日、とうとう頼朝が挙兵する。 最初のターゲットは、野菜の嫌いなコオロギ野郎の山木兼隆(伊豆国の目代)と、野菜を粗末にするパワハラ野郎の堤信遠。 八月十七日は、三嶋大社の祭礼が行われる日だったと…

今月Kindleで読んだ本(2022年1月)

2022年1月のKindle読書記録。 芥川龍之介「舞踏会」 舞踏会 作者:芥川 竜之介 Amazon 青空文庫。無料で読める。 北村薫の本で触れられていたのに釣られて読み、四十九歳の女性を「老夫人」と書いているのにショックを受けた。そりゃ芥川は若かっただろうけど…

Kindle Unlimited(読み放題)で見つけた本

原田マハの本を読んでみたいと思ってAmazonで書籍データを検索したら、現時点で読み放題(Kindle Unlimited)できる作品が複数あった。 関連書として表示された他の作家の本のなかにも、読み放題作品がいろいろあって、芋づる式に気になる本が増えたのだけど…

不眠の理由

一昨日の夜は、ほとんど一睡も出来なかった。 そのおかげで昨日はずっと体調がダメダメだった。 なんで眠れなかったのか。 一番の理由は、アニメ「ドリフターズ」全12話一気視聴だろう。 もともと映像が苦手なせいもあるけど、あと2話制作されているのにAmaz…

ねこたま日記

こんにちは。 昨日の日記 午前中、長女さんの通院の運転手をしたあとは、ひたすら読書していたような気がする。合間に軽い家事。掃除とか、洗い物とか。 夕食は、パエリア、むしポテト、レタスとトマトのサラダ、オニオンスープ、りんごヨーグルト、亭主作。…

Kindleで読んだ青空文庫

Kindle版の青空文庫は縦書きで読めるので気に入っている。もちろん全て無料。 読んだ作品をメモしておく。 芥川龍之介「舞踏会」 舞踏会 作者:芥川 竜之介 Amazon (2022年1月3日読了) 明治十九年十一月三日に鹿鳴館で開催された舞踏会で、十七才の令嬢明子…

Kindle unlimitedで見つけた本

備忘録を兼ねて、現時点でKindle unlimited(読み放題)で利用できる本のデータを貼り付けてみる。 「文豪どうかしてる逸話集」(進士素丸著) 文豪どうかしてる逸話集 作者:進士 素丸 KADOKAWA Amazon ここのところ、末っ子に音読してもらって笑っている本…

#うちのアレクサ

Twitterで、Kindle本関連のツイートを眺めていたら、「#うちのアレクサ」という面白いハッシュタグを見つけたので、便乗してつぶやいてみた。 たぶん私の質問やお願いの仕方がまずいのだと思うけと、アレクサさんの回答の六割以上は、そっけないお断りだ。 …