湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

Kindle日記

 

ふと思いたって、Kindleの蔵書の内訳を見てみたら…

 

マンガ本だけで3812冊もあると表示された。

 

そんなに読んでたのか…😱

 

セール品や無料本が多いとは思うけれども、それにしても膨大だ。

 

 

ちなみに、初代Kindle Fireを購入したのは、2012年11月16日。Amazonの購入履歴に記録があったので、間違いない。

 

この初代Kindle初期不良でまともに読書できなかったので、数日で交換してもらったと記憶している。

 

その後、長く使ったけれど、充電できなくなってしまい、2019年12月10日に、いま使っているKindle Fire 10 に買い替えた。

 

初代が7年、二代目が5年目。

12年間で、マンガ3812冊。

 

割り算してみる。✍️

 

一年平均、317.66666…冊のKindleマンガを読んでいることになる。

 

ほぼ一日中一冊弱と考えると、それほど多くは……いや、やっぱり多い。😱

 

そもそも、その冊数には、Kindle Unlimited(読み放題)で読了した本は入っていないのだ。

 

 

蔵書リストをざーっと眺めてみたけど、読んだことを忘れてしまっている作品が、かなりある。

 

少なくとも40代前半くらいまでは、一度でも読んだ本を失念するということは、ありえなかった。

 

加齢による脳機能の劣化というのはあるだろうし、仕方がないことなのかもしれないけれど、なんだかすごく雑に生きているようで、気持ちがよくない。

 

せっかく時間を使って向き合った物語を、記憶から消し飛ばして気づきもしないというのは、自分らしくないとも思う。

 

読んだ記憶もデータも残らない読書。

寂しすぎる。

 

記憶の喪失に抗うには、やはり記録を残すしかない。

 

とにかく書こう。

読んだ本のこと、読んで思ったこと。

 

 

ちなみに、今日読んだマンガは、これ。

 

平野耕太ドリフターズ」7巻

 

再読だけど、二度読み返した。

 

冒頭、新撰組土方歳三と、 戦闘301飛行隊(新選組)隊長の菅野直の出会いが熱くて、すごく好きなのだ。

 

忘れてしまっていた本のことも、少しづつ書こう。