湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

ねこたま日記(6月2日)

こんにちは。

 

f:id:puyomari1029:20240602095018j:image

 

日曜日だけど、教会学校はおやすみした。

 

亭主が今日も専門分野の学会参加で朝から留守だし、長女さん(27歳・ASD)の鬱の具合があまりよくないので、家にいることにしたのだ。

 

長女さんの鬱は、たぶん、グループホームの話が具体化したせいだと思う。すぐ隣の街とはいえ、自宅から出ることになれば、生活は大きく変わる。就労支援の通所や通院なども多少不便になるし、日々の食事もホームで用意されたものになる。

 

紹介していただいたグループホームは、とても条件のいいところだけれども、長期の入院を繰り返すような場合は入居が難しいと、ケアマネジャーさんに言われているようだ。

 

将来的になことを考えれば残念だけど、まだ家を離れる時期ではないのかもしれない。

 

 

 

(_ _).。o○

 

このブログ、一日の平均アクセス数は、だいたい50前後になる。

 

新型コロナの闘病日記をリアルタイムで書いていたときは、その十倍以上に跳ね上がり、空恐ろしく思ったけれども、後遺症も落ち着いて平常運営に戻ってからは、アクセス数も元に戻り、安堵した。

 

不思議なことに、以前、ホームページや、別のブログをやっていたときも、1日50アクセスほどだった。

 

つまり、1日平均50アクセスというのが、二十数年間不動の私の集客能力ということになる。

 

だからどうしたと言われると、とくにどうということもなく、このまま書き続けるつもりでいる。

 

ブログ運営的には、というか、暮らしに張り合いを持つという意味でも、頑張ってアクセス数を増やす工夫などしてみるべきなのかもしれないけれども、人の目を集める記事など、そうそう書けるものでもない。

 

コロナの時のように大病でもすれば手っ取り早いけど、あんな命懸けなのは御免被りたい。

 

となると、地味に集客してくれるジャンルの記事を増やすしかないということになる。

 

たとえば…

 

Kindle読み放題で読んだラノベの読書記録。

 

四年も前に書いた感想文が、いまもよく読まれているのだけど、読み返してみたら、ろくなことを書いていなかった…

 

ラノベ読書メモ - 湯飲みの横に防水機能のない日記

 

Amazonプライムビデオでの映画鑑賞記録。

 

2年前に泣きながら見た「スゥイング・キッズ」のレビューには、いまも毎日アクセスがある。

 

映画「スウィング・キッズ」 - 湯飲みの横に防水機能のない日記

 

和歌の紹介と、毎度恒例のトンデモ意訳。

藤の花の歌の怪しい和歌解釈は、なぜかこのブログの稼ぎ頭だ。一体なにがよかったのか、書いた本人にも分からない。

 

和歌メモ…藤の花(後撰和歌集・よみびとしらず) - 湯飲みの横に防水機能のない日記

 

なぜこれらの記事が集客しつづけているのかは全く分からないけど、一つだけ言えることは、書いた私が気持ちよく悪ノリしていた……つまり、楽しんで書いた記事だということだ。

 

悪ノリすると、集客するのか……

 

なら、今後とも悪ノリを目指すしかない。