湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

強風

こんにちは。

 

台風みたいな風が吹き荒れている。

 

息子を迎えに出たら、いろんなものが飛んでいて怖かったので、急いで家に入った。大きな洗濯ピンチとか、顔に当たったら、かなり危ないと思う。

 

 

f:id:puyomari1029:20200610164801j:image

 

ふにゃもらけのサーカスシリーズ、だいぶ揃ってきた。

 

あとは、ふにゃくんのピエロ服だけど、材料は揃ってるのに資金不足で発注できずにいる。バイトがんばらなくては。

 

 

ラノベ

 

緑名紺「らすぼす魔女は前世の最萌を飼い殺す」という作品を「小説家になろう」で読んだ。

 

世界観はかなりダークで(内臓露出系)、ヒロインもヒーローも悲惨極まりない、というか相当にグロテスクな生い立ちを持っているけれども、絶望的な状況に追い込まれながらも、ものすごい力技で幸せを勝ち取るので、読後感は悪くない。

 

禁忌である不老不死の魔法をめぐって、人間と魔女が殺戮合戦を繰り広げていた時代に、とある魔女が魔女狩りをしていた人間の国を制圧し、悪辣な魔女たちをも粛清することで戦争を終わらせ、玉座を人間の王に返還するという事件があった。その魔女は、救国の女神のように慕われることとなり、人間と魔女たちとの融和のために、彼女の娘は、成人後に国王の息子である王太子と結婚させることが定められた。

 

ところが結婚式の当日、花嫁姿で式場に現れた救国の魔女の娘に対して、王太子は一方的に婚約破棄を宣言し、娘がやってもいない犯罪の数々を 言いたてて糾弾する。

 

そこで娘がブチ切れて本性を現して大暴れし、王太子に呪いをかけるけれども、長い戦いの果てに王太子とその仲間たちによって滅ぼされ、王太子は恋人と結ばれる……というのが、この王国を舞台にしたファンタジーアニメ本来のストーリーだった。

 

けれども、そのアニメを前世で見た記憶を持つ花嫁は、自分の死亡フラグを立てることなく、婚約破棄を素直に受け入れて引き下がる。

 

そのかわり彼女は、王家が誓約を反故にした代償として、王太子の信頼する騎士を一人指名して、自分の従者として貰い受ける。その騎士は、彼女が前世で最も萌えを感じていたキャラクターであり、本来のストーリーでは彼女を殺して、自分も悲惨な死を遂げることになる人物だった……。

 

書籍化されてるのかなと思って、Amazonを検索してみたら、ちょっと違うタイトルの本が見つかった。

 

 

ラスボスはもちろんヒロイン魔女ではないのだけど、よく考えてみると、真のラスボスは誰だったのか、よくわからない。

 

悪い奴は何人もいたけど、この物語の始まる時点で、すでにほぼ全員故人だし、ほとんどの事件の首謀者も実は被害者だし、ヒロインにとっては究極の味方だし。

 

恋愛系ファンタジーだけど、恋愛よりも、エグい家族関係のほうが印象に残る作品だった。保身のために息子を平気で使い潰す国王とか、娘の身体を乗っ取って、その国王の息子と結婚しようとする母親とか。

 

結構面白かったので、他の作品も読んでみよう。