湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

過去日記

少し具合がいいので、パソコンを立ち上げて、過去日記をここに転載する作業を再開した。

 

まず、息子が小学二年のころの療育日記。

2005年だから、17年も前になる。

 

dakkimaru.hatenablog.com

 

この日記に書いている「わざと失敗する」という息子の癖は、24歳になった今も形を変えて続いている。

 

ズボンは必ず後ろ前にはく。

トレーナー類は、必ず裏返しの後ろ前に着る。

 

百パーセント間違えるのだから、確実にわざとやっている。

 

「裏返しだよ」と声をかけると、そそくさと直すのだから、間違いない。

 

 

間違えるのが嫌だからやっているというよりも、もはや「最初は間違える」というのが儀式化してしまっているように思える。

 

そういえば、靴の左右も根深く間違えつづけていたけど、この数年は正しく履くようになった。

 

できれば三十歳ぐらいまでには、最初から正しく身に着けられるようになってほしい。そのためには、儀式として固着した手順を打破しないといけないのだけど……骨が折れそうだ。

 

 

次の日記も、17年前の上と同じ日に書いたもの。

息子の療育が、期せずして末っ子の超早期教育になっていた、という話。

 

書いた本人は完全に忘れていたけど、そういえばこんなこともあったのだった。

 

dakkimaru.hatenablog.com

 

 

この日記の当時、末っ子は生後五か月だった。

 

こういう日常を送った結果、どうなったかというと、末っ子は一歳十か月くらいから、いきなりひらがなを読み始めるのである。

 

長女さんが文字を覚えたのは二歳半ぐらいで、それでもずいぶん早いと思っていたけど、一歳台で字を読むようになるというのは、さすがに想像できなかった。人に話しても、ほぼ間違いなくウソだと思われるのだけど、間違いなく読んでいた。現場を目撃した公文の先生に入会を勧められたりもした。一歳児なのに。

 

もっとも末っ子の知能の発達は、その後とんでもない蛇行跛行を繰り広げ、母親の顔がゾンビ化しそうなことになるのだけど、それについての日記も、いずれ転載できると思う。

 

f:id:puyomari1029:20220208113850j:plain

 

(↑ひさびさに、pixabayから写真をお借りした。)

 

 

 

 

ダークファンタジーとコロナと年金

こんにちは。

 

魔物語

 

一昨日あたりから、ケイト・ブッシュを聞いている。

 

魔物語

魔物語

 

 

学生の頃に、よく聞いていた。

 

アップルミュージックで聴き放題できることに気がついて、読書のかたわら、ずっと流している。

 

人ならざるものの無邪気で危険な美しさがあって、ダークファンタジーにぴったりな歌声だと思う。ラノベ系にはあまり合わないかもしれない。

 

昔読んでいた、タニス・リーの長編シリーズを思い出す。

 

 

死の王 (ハヤカワ文庫FT)

死の王 (ハヤカワ文庫FT)

 

 

ハッピーエンドでは終わらない、美しいけれども皮肉で残酷なファンタジー。ひさしぶりに読み返したくなった。

 

本はまだ家にあるはずだけど、探すのに半年はかかりそうだ。(´・ω・`)

 

Wuthering Heights (New Vocal)

Wuthering Heights (New Vocal)

 

今日は、長女さんから借りた「東京喰種」を一気読みする予定。

 

 

 

「東京喰種」とか「デス・ノート」みたいなマンガ作品って、ジャンルとしてはファンタジーになるのだろうか。それともSFなんだろうか。

 

「脳噛みネウロ」や「暗殺教室」はどうだろう。

 

銀魂」なんて、もはやなんだかわからない。SFナンセンス人情時代劇だろうか。

 

幼女戦記」も異世界転生ファンタジーといえばそうなのだけど、戦争の質感とかが、20世紀初頭の近代戦争を取り扱った歴史物みたいなので、読んでいてファンタジーだと感じることがあまりない。軍人が魔法で空飛んでたりするのに。

 

 

幼女戦記(19) (角川コミックス・エース)

幼女戦記(19) (角川コミックス・エース)

 

 

 

最近のジャンル分けに詳しくないのでよくわからない。というか、昔ながらのジャンル分けが当てはまらない作品が増えている気がする。そして、分けにくいものほど面白い気もする。

 

あ、でも「魔法使いの嫁」みたいな、正統派ファンタジーの流れを汲んでいる漫画も好きだ。最新刊、まだ買ってなかった。お正月の楽しみにとっておこう。

 

 

 

 

 

コロナ

 

息子が濃厚接触者となってしまった可能性があることが、昨日わかった。いま、保健所関連の判断待ち、連絡待ちである。

 

いまのところ、家族の誰にも症状らしきものはない。強いて言うなら私が昨夜微熱を出していたけど、そんなものはちょっと疲れたたけで年中出してるから、たぶん違う。

 

厚生労働省のホームページに、家族に濃厚接触者が出た場合にどうすべきかが書かれていたので、それに従うつもりである。

 

幸いにして、亭主は年内に出勤の予定がない。

 

息子の介護施設通所については、事態が明確になるまでは自粛するつもりである。

 

末っ子は明日学校を欠席させた上で、連絡を入れて、今後のことを相談しようかと思う。

 

家族の発病はなんとしても避けたい。

勘のいい長女さんが「おそらく大丈夫だ」と言っているので、わりと全力で当てにしている。

 

万が一、うちも感染したとなれば、息子や長女さんのお世話になっている福祉施設の関係は、ほかの利用者やスタッフに感染者がいなくても、しばらくの休業および一切消毒となるはずだ。

 

もっと悪いのは、うちと繋がっている福祉サービス関連でクラスタがでることだ。近隣の老人ホーム、特別支援学校、小中学校の特別支援学級など、福祉サービスで直接間接に触れ合っている機関がたくさんあるのだ。皆無事であってほしい。

 

 

障害年金

 

長女さんの障害年金が降りることに決まったという連絡があった。申請したのが今年の6月で、9月に審査遅延の連絡があった。普通は3ヶ月ほどで結果がわかるようだけれど、新型コロナの影響で、5ヶ月かかったことになる。

 

ダメ元とは思っていたけど、もらえることになって、本当によかった。

 

息子は二十歳になったときに、既にもらっている。

亭主の定年退職はまだ先だけれど、そう遠い未来でもなくなっている。子どもたちの生活の支えは、少しでも多い方がいい。

 

申請書類は、全部親が書いた。

詳細な生育歴を記載するにあたって元になったのは、子どもたちに難病、障害があるとわかってから書き続けていた、私の日記の記事である。書いて残していなければ、忘れてしまったことも多かったはずである。

 

 

重度の障害や難病のお子さんのおられる方々には、ブログでもなんでもいいから、とにかく記録(具体的な症状や問題、通院等の正確な日時など)を書いて残しておくことを、強くお勧めしたい。

 

幼少期からのかかりつけの病院があっても、その病院や、子供のカルテが、成人後まで残っているとは限らない。主治医だった医師も転勤や退職でいなくなる。学校や療育機関とも、ずっと繋がっていられるわけではないし、記録を残しておいてもらえる保証もない。出生時からの我が子の人生の記録を継続的に保持できるのは、家族だけなのだ。

 

ということを、障害年金申請で痛感した。

 

 

コロナ続報

 

と、ここまで書いたところで、保健所関連の連絡が来た。

 

どうやら息子は濃厚接触者にはあたらないと保健所が判断したようだ。

 

具体的には、感染者に濃厚接触した人に接触した人と接触した……という状況だったようだ。直接介護を担当していない職員さんが感染したということなのだろう。

 

発症してしまった方も、いまは落ち着いているとのこと。よかった。

 

というわけで、とりあえず明日は様子を見るけれども、とりあえずは家族全員での完全引きこもりは必要なさそうだ。

 

 

 

新生児とVAN HALEN・やすりと永谷園

こんにちは。

 

広告

 

ここのところ料理本関係の日記を書くことが増えているからか、google広告で食品や調理器具が表示されることが増えてきた。

 

それはいい。

 

でも、これはいったい何なのか。

 

 

f:id:puyomari1029:20201010131146p:plain

 

サラミ……にしては、真ん中の黄緑色の管がおかしい。

薄切りのサラミに、こんな管を通す意味が分からない。

 

それに、よく見ると、サラミの縁が毛羽立っている。

加工した肉が毛羽立っていたら、それは間違いなく異常事態だ。

 

興味が抑えきれず、商品名を確認するために広告をクリックした。

知らない通販サイトに飛んで、商品名が表示された。

 

オフィスマイン(mine) マイン レッドクロスホイール(60X260mm) (1個入) SRM-R1 1個 755-0286(直送品)

 

商品説明が、なにもない。

よけい分からなくなった。

 

同じものがAmazonにないかと思って探してみたら、あった。

 

 

 

マイン レッドクロスホイール(60X260mm) SRM-R1

 

 

何に使うものかは分からないが、「DIY・工具・ガーデン」のジャンルでの売れ行きランキングが「469,661位 」だと表示されている。サラミではなかったようだ。

 

同時購入をお勧めされている商品のなかに、サンダー(sander)云々という商品名のものがあるから、たぶん研磨機のやすり部分なのだろう。

 

なんでこんな肉肉しい色に染めたのかは謎だ。

 

なんとなく、ad/dcのあの曲が聞きたくなった。

 

 


AC/DC - Thunderstruck (Official Video)

 

Thunderstruck

Thunderstruck

  • AC/DC
  • ハードロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

サンダー違いだけど。

 

VAN HALEN

 

話が全く飛ぶが、VAN HALENのエディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなったらしい。できるだけ報道を目に入れないようにして暮らしているので、ニュース記事ではなく、追悼記事を書いておられる方々のブログで知った。

 

享年65歳だそうだ。早いなと思うけれども、癌を患っているという話を知ったのは、もうずいぶん前だった。

 

長い間、闘病されていたのだろうか。

 

 

私がVAN HALENの曲を聞き始めたのは、1996年6月の、おそらくは14日か15日、午前5時台からのことである。

 

日時が微妙に詳細であるのには理由がある。

 

そのとき私は、最初の出産を終えた数日後で、まだ産院に入院中だった。

出産の翌日から母子同室という方針の産院だったため、生まれて初めて触る新生児に、おっかなびっくり授乳し、着替えをさせ、おむつを替えるという、全く不慣れな作業に明け暮れていた

 

この新生児が、とにかく寝ないヤツだった。

 

出産前にマタニティ本で予習したところでは、新生児というものは、おおむね三時間に一回おっぱいを飲んで、あとはほとんど寝ているものだという話だったのに、授乳後にちょっとばかりうとうとしたかと思うと、30分もたたないうちに、うえーいうえーいと泣き出すのだ。

 

当然、私も30分きざみの睡眠しかとれず、ほぼ夜通し、新生児を抱いて、入院中の部屋と授乳室の間をうろうろしていた。

 

たぶん母乳が足りていないのだろうとは思ったけれども、既製品のミルクは極力使わない方針の産院だったため、助産婦さんたちには(呼称が「助産師」に変わる前の時代である)、とにかく出せ、出るまで頑張れと、体育会系のノリで叱咤されるばかりだった。

 

そんな状態が三日も続くと、いくらお産でハイになっていても、だんだん気持ちが参ってくる。

 

周囲が賑やかな昼間は、まだいろいろと気が紛れるけれとも、深夜から明け方にかけての時間は、授乳室にも人が少なくて寂しいので、ほぼエンドレスでぐずり続ける新生児を抱っこしたまま、ベッドのある個室でぼーっとしていた。

 

外がしらじらと明るくなってきたころ、なんとなくテレビをつけてみた。

明け方のそんな時間なのに、ドジャーン! ジャカジャカジャカという感じで、いきなりハードロックが流れてきた。それに続いて絶叫モードの歌声。

 

画面の下のほうにヴァン・ヘイレンという文字が見えた。

 

あー、この人たちが、やかましい楽曲で有名なヴァン・ヘイレンかと思った。

 

ロックに疎い私がヴァン・ヘイレンという名前を知っていたのは、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で、両親の青春時代にタイムスリップしたマイケル・J・フォックスが、ヘタレな父親をたたき起こして脅すために、ヴァン・ヘイレンの曲を大音量で聞かせるというシーンがあったからだ。

 

明け方のハードロックは、寝不足の頭にとても沁みた。心地よいとさえ思った。

 

けれども、終日オルゴールが流れているような産院の入院病棟に、ヴァン・ヘイレンはまずいだろうと、チャンネルを変えようとしたところ、ついさっきまでぐずりまくっていた新生児が、いつのまにか眠っていた。

 

そのままヴァン・ヘイレンを流し続けていたけれども、新生児は爆睡したまま、三時間ほど起きなかった。

 

退院して、自宅に戻ってからも、いろいろとCDを聞かせてみたところ、やはりロックでの寝つきがいいことが分かった。

 

VAN HALENやクィーンなどのミュージックビデオを、育児中にどれほど繰り返し視聴したか分からない。

 

目的が子どもを寝かすためであったとしても、ずっと聞き続けていれば、曲が心に入って来る。VAN HALENのさまざまな曲は、自分にとっても、次第に元気のもとになっていったように思う。

 

エディ・ヴァン・ヘイレンさん、どうか安らかに。

お世話になりました。

 

 

蛇足

この記事を書いているあいだに、googleの広告写真の毛色が変わった。

 

 

f:id:puyomari1029:20201010142240p:plain

 

食パン、永谷園のとろみつきお茶漬け海苔……他はよくわからない。

 

左下の、おがくずのようなものが詰まった透明なケースがどうしても気になるので、通販サイトに飛んでみたら、指サック用ディスペンサーなのだそうだ。指サックは、光学産業・樹脂部品などを取り扱う現場での必需品であるらしい。

 

広告のおかげで、また一つ知らない世界を知った。

 

永谷園のお茶漬け海苔のほうも気になるので、ちょっと調べた。

どうやら、介護現場で使えるように、「とろみ」のある商品が出始めているらしい。

 

 

news.nissyoku.co.jp

 

マイ永谷園は、高齢者が飲み込みやすい「やさしいとろみのお茶づけ海苔」を介護施設に届ける。販売順調な商品力をターゲットに直接伝える。7月末に通所介護施設で初めてサンプリングを行い、消費者、施設と情報交換した。定番品のブランドシフトが支持され、用意したキャラバンカー、遠藤関パネルも好評だった。他メーカーとの協業も探り、介護専用品の認知度を高める。

 

 

試してみたいと思うけれども、いまのところスーパーなどでは見かけない。

介護施設などで、まとめて発注する感じなのかもしれない。

 

一般家庭でも、たぶんニーズは高いと思う。お茶漬け海苔の、ノリやあられは、嚥下に問題のある人にとっては、のどにひっかかって危ないと思うから。

 

 

 

 

バッハと我が家の自閉症

19年前の日記を掘り返していたら、息子がはじめて「マタイ受難曲」を聞いた日の日記が出てきたので、転載した。


マタイ受難曲」療法…

dakkimaru.hatenablog.com

 

この日の息子の様子は、いまも目に焼き付いている。

テレビにはりつくようにして聞いていた息子が、ドイツ語の歌詞をかすかにつぶやくのを聞きとったときは、奇跡が起きているのかもしれないと思ったものだ。もしかしたらこれをきっかけに、息子が劇的に成長してくれるかもしれない、などと期待もした。

 

残念ながら、期待したようなことにはならなかったけれども、あれは確かに奇跡だったのだと思う。


息子を安心させる音楽があると分かったことは、その後の家族の生活にとって、大きな財産となったのだから。


ここのブログにも、息子と「マタイ受難曲」とのかかわりについては、何度か書いている。

 

いくつかの十字架

dakkimaru.hatenablog.com

 


近年の私にしてはめずらしく、人様の文章の書き方にご批判を申し上げている。
当時はよほど忍び難い思いがあったのだろうけれども、読み返してみると、偉そうに非難がましい言葉を連ねていて、我ながら嫌になる。

 

けれども、障害児の親として、そういう思いを抱いたという事実は残したいと思うので、記事は消さずにおく。著者の内藤朝雄氏がここのブログにいらっしゃることは、まずないとは思うけれども、もしも読んでご不快になることがあったりしたら、「ご著書を一冊購入して丁寧に感想を書きますから、それでご勘弁を」と申し上げることにしよう。


などと書きながら、Amazonで書籍情報を検索してみたら、kindleで読み放題できる著作を発見してしまった。

 

 「ニート」って言うな! (光文社新書) Kindle

 

 

面白そう。ちょっと読んでみようかな。


蛇足。
上の記事ではスルーしていたけど、内藤朝雄氏の文章を引用した中に出てくる「コウモリ傘にミシンをみつくろったりするような」というのは、ロートレアモンという詩人の作品が出典であるらしい。

 

ということを記事内で補足していなかった自分にちょっと驚いた。
こんな珍奇な表現、読んだら絶対引っかかって出典を調べたはずなのに。

 

ウィキペディアのこのページに書いてある。
デペイズマン

 

 

重度障害児と、バッハ

dakkimaru.hatenablog.com

 

この日の日記にも、息子が「マタイ受難曲」で落ち着くことを書いていた。

 

我が家では、「バッハ」=「息子の癒し」という構図が定着してるから、これから転載する過去日記にも、ちょくちょく出てくるかもしれない。

 

この日の日記には、「障害児産んだら人生終わったから、日本死ねっつーか死にたい」という匿名ブログを読んで思ったことも書いている。強烈なタイトルのブログだったけれども、書いた方は勇気をもってお子さんを育てる方向に気持ちを向けておられたので、ほっと一安心した。(ただ、ブログについているレスのなかには、読むに堪えないものもあるので、障害児の親御さんには、開いて読むことを積極的にはお勧めできない。)


少子高齢化に歯止めをかけるために産め産めと言われながら、重度の障害児が生まれると、なぜ生かすのだと叩かれる。残念ながら、ここの国にはそういう気配がある。でもそのほとんどは、におってきたらパタパタあおいておけば撃退できる、おなら程度のものである。


実際、私は相当な金額の医療費や介護費のかかる子どもを産んで育ててきているけれど、面と向かって「なぜ生かすのか」などと言ってきた人は一人もいない。相模原障害者施設殺傷事件の犯人みたいな人が町内に百人もいるような国だったなら、まるごと沈没したほうがマシだと私でも思うだろうけども、あんなことをやってしまう人は一億二千万人に一人くらいしかいないのだ。その約一人を除けば、あとは顔のないおならだ。気になったとしても、気に病むことはない。おならのような言論などにまどわされず、私たちは自分の人生を誠実に生きていっていいのだと思う。

 

 

春浅く指の痛みを編んでいる

dakkimaru.hatenablog.com


今年の二月の日記だ。この日はkindleのアレクサに向かって「マタイ受難曲」を注文していた。

 

 

日常人体マッチングとか、ラノベとか

dakkimaru.hatenablog.com


バッハなら何でもいいわけではない、という話。
トッカータとフーガやG線上のアリアは拒否されることが確かに多い。

 

でも、無伴奏チェロ組曲や、ゴールドベルク変奏曲は、わりと高評価だった記憶がある。

 

グレン・グールドのアルバムは、よく聞かせていた。

 

J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲(81年デジタル録音)
 

 

そういえば、グレン・グールドもおそらくは自閉症だっただろうと言われている人だった。

 

 

普通の日記

dakkimaru.hatenablog.com


気圧の乱高下のあったらしき日に、「マタイ受難曲」を聞かせている。

今年の四月のことだけれど、もう記憶に残っていない。
そういえば、このころ、いきなり高血圧になって寝込んだりしていたのだった。

 

 

さて、遅くなったので、お風呂に入って寝ることにしよう。

明日は土曜日。息子は遠足の予定。

 

 

 

「ウザァーイ」という言葉

長女さん(8歳)が公文の教室からもらってきたプリントに、斎藤孝の「ガツンと一発」シリーズという本から引用したという「口にしちゃあ なんねえ リスト」が掲載されていた。

 

それには、

 

「ムカツク・キレル・ウザァーイ」

 

の三語がトップにあげられていて、次のような解説がついていた。

 

事件を起こす子、問題を起こす子は兆候が有るのです。そのサインが言葉に出てきます。あの佐世保の事件の女の子は「ウザァーイ」を使っていたそうです。

 

<だめなわけ> 自分にまとわりつくものを振り払いたい、出来るなら消し去りたいという気持ちを表している言葉だから、それを言うとその感情がドンドン大きくなるからです。

 

 

「ウザイ」「ウゼエ」という言葉が目や耳に入り出したのは、1990年代以降だったように思う。


もっと前から広まっていたのかもしれないけど、私の周囲で使う人はいなかった。


「邪魔だ」「不快だ」「うっとうしい」などでは表現しきれない、対象への反感や反抗心、自身のアウトロー的な立場の表明など、さまざまな要素を含んでいるので、使いどころのある人にとっては、便利な言葉なのだと思う。

 

私自身は、使いどころがないので、まず使うことはない。


引用文中にある「佐世保の事件」というのは、2004年6月に起きた、小学生の女児による殺人事件のことだと思う。


事件の凄惨さに加えて、加害者の子の発達障害の有無が取り沙汰されたこともあり、発達障碍児の親としては、胸が塞がるような事件だった。

 

「ウザァーイ」という言葉を使うことが、問題を起こすことの兆候であるかどうかは、少なくともその言葉が使われている状況や、使っている子どもの状況などを、よく見極めた上でないと、考えられないことだし、言うべきではないことだと思う。

 

特定の言葉を使ったというだけで、殺人者予備軍だなどと決めつけられては、たまらない。


言葉を封じる前に、なにが「ウザイ」のかを話してもらって、「どうすればウザくなくなるのか考えて行動してみよう」と促してたいところだけど、問題を起こす可能性のある子どもの周囲に、その手間をかけることのできる大人がいないことが問題なのかもしれない。

 

(2005年06月15日)

※過去日記を転載しています。