湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

映像

「鎌倉殿の13人」(11)許されざる嘘(歴史音痴と大河ドラマ)

「鎌倉殿の13人」の第十一回、「許されざる嘘」を視聴した。 長い長い治承四年が終わり、翌治承五年の一月十八日、平清盛が、以仁王を匿った奈良の東大寺や興福寺を焼き尽くす。 その同じ治承五年の閏二月四日、清盛が病死する。 閏月というのは、太陰太陽暦…

「鎌倉殿の13人」(10)根拠なき自信(歴史音痴と大河ドラマ)

「鎌倉殿の13人」の第十回、「根拠なき自信」を視聴した。 源義経は平治元年(1159年)の生まれだという。治承四年(1180年)に兄頼朝と再会したときの年齢は、二十歳ちょっと過ぎだろうから、長寛元年(1163年)生まれの北条義時より、ちょっぴり年上ということ…

「鎌倉殿の13人」(9)決戦前夜(歴史音痴と大河ドラマ)

だいぶ遅くなったけど、前回の「鎌倉殿の13人」の感想メモを書いた。 富士川の戦いで、平氏側の軍が仰天して撤退して行くまでの、頼朝周辺のさまざまな不協和音を、丁寧に見せられた回だったように思う。 坂東武者たちは頼朝の大義よりも、自分の所領を保全…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(7)敵か、あるいは

第七回「敵か、あるいは」を視聴した。 敵かどうか問題になったのは、上総広常(佐藤浩市)という武将。 Wikipediaの「上総広常」のページの冒頭には、 上総広常は平安末期の武将、豪族。 と書いてある。つまり、鎌倉時代には武将ではなくなっている。出番はだ…

ねこたま日記

こんにちは。 昨日は長女さんの習い事の付き添いで、夕方からショピングモールへ。 大きな電気屋さんで、調べていたテレビ、パナソニックのプライベート・ビエラ(10V型)を。見てみたら、Amazonで買うよりも5000円ほどお安かった。 ハードディスクもいろい…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(5)兄との約束

第五回「兄との約束」を視聴した。 「吾妻鏡」で予習していたから、石橋山の戦いで「兄」に何が起こるのかは知っていたけど、キツかった。悲劇は苦手だ。(;_;) 三千の兵を率いる大庭景親に、たった三百の兵で立ち向かった頼朝勢は、あっけなく壊滅。 頼…

ねこたま日記

こんにちは。 今朝は7時過ぎに息子に起こされ、8時過ぎに朝食(亭主作)をとり、9時過ぎに末っ子と一緒に教会学校へ。 お昼は肉うどん。亭主作。体が暖まった。 午後は、末っ子の買い物に付き合ってイオンへ。 ヴィレッジヴァンガードで、ミッフィー関連のグ…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(4)

第4回「矢のゆくえ」を視聴した。 治承四年八月十七日、とうとう頼朝が挙兵する。 最初のターゲットは、野菜の嫌いなコオロギ野郎の山木兼隆(伊豆国の目代)と、野菜を粗末にするパワハラ野郎の堤信遠。 八月十七日は、三嶋大社の祭礼が行われる日だったと…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(3)

第三回「挙兵は慎重に」を見た。 伊豆北条館 今回は、伊豆北条館の全景を見渡せる場面があった。 館の周りが塀でぐるりと囲われている。 門の脇には物見櫓。 門の外側には何軒かの小屋が立っている。倉庫だったり、下働きをする人たちの住居だったりするのだ…

映画「ノア 約束の舟」

Amazonプライム・ビデオで、「ノア 約束の舟」を見た。 映像は素晴らしかったと思うけれども、ストーリーは、かなり賛否が分かれるのではないかと感じた。 たぶん、旧約聖書の創世記のノアの一家や方舟に関連する箇所を直接読んで、その内容の「分からなさ」…

タチコマとアンパンマン

Amazonプライム・ビデオで見られる「攻殻機動隊」のテレビアニメを、全編見終わった。 「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(S.A.C.)」全26話 「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」全26話 「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society(S.A.C. SSS)」2時…

「攻殻機動隊 Stand Alone Complex」

「攻殻機動隊 Stand Alone Complex」の1st Gigを、数日がかりでAmazonプライムビデオで見終わった。 攻殻機動隊 Stand Alone Complex 1st & 2nd Gig [import][DVD][PAL] (unknown) Amazon 2002年にスカパーで放映された作品。 「攻殻機動隊」は大好きな作品…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(2)

第二回、「佐殿の腹」を見た。 歴史のなかで、私が一番興味があるのは、食生活、食文化だ。人の名前はさっぱり覚えられないけど、食べ物のことなら覚えやすい。 第一回の放映では、宴会シーンや厨のシーン、頼朝の食事シーン、おやつ立ち食いシーンなど、食…

ねこたま日記(日々の記録)

おはようございます。 一昨日は、ケアマネさんとの面談があった。 待ち合わせ時間を、なぜか5時間も早く覚えていたため、二度足になったけれども、運動不足の解消になったと思えば全く問題ない。事務所、家から徒歩10分だし。 面談では、息子の個別支援計画…

アニメを見た日記…「鬼滅の刃 炭治郎立志編」)

アニメ「鬼滅の刃 竈門炭治郎立志編」を、Amazonプライム・ビデオで全部見終わった。 鬼滅の刃 1(完全生産限定版) [DVD] 花江夏樹 Amazon 全26話。 以前から、末っ子に地味に勧められ続けていた作品。 末っ子によると、相手の都合を顧みずに「鬼滅の刃」を猛…

歴史音痴と大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(1)

鎌倉殿の13人。 十三人、じゃなくて、13人。 なんで漢数字じゃないんだろう。 なんとなく、エヴァンゲリオンのサブタイトルのロゴみたいだ。 なんてことを思いつつ、数年ぶりにNHK大河ドラマを見始めた。 毎週決まった時間にテレビを見るなんて、粗忽な私に…

ねこたまテレビ日記

途中まで見て心折れていた、「新撰組!!土方歳三最期の一日」の残りを、泣きながら視聴完了(Amazonプライム・ビデオ)。 対立していた土方歳三と榎本武揚、大鳥圭介が、土壇場で深く心を繋ぎ、最終決戦へと向かう。 1869年5月11日。 新政府軍は夜闇に紛れ…

ねこたま日記

こんばんは。 昨日の雪は、今日になって、すっかりとけてしまった。 北国の生まれだけれど、昔から雪景色を見るのは苦手だ。真冬でも手袋なしで出歩ける関東南部のぬるい冬が好ましい。 (_ _).。o○ アニメ「ドリフターズ」を第一期の12話まで、Amazon プライ…

DRIFTERS

Amazon Prime Videoで、アニメ「ドリフターズ」(平野耕太原作)のシリーズを見られることに気づいて、さっそく第一話を鑑賞。 物語は原作と同じように、島津豊久の最期の一日の壮絶な見せ場から始まる。 西軍の敗北が決まった関ヶ原の戦いで、追撃してくる…

Kindleで読んだ青空文庫

Kindle版の青空文庫は縦書きで読めるので気に入っている。もちろん全て無料。 読んだ作品をメモしておく。 芥川龍之介「舞踏会」 舞踏会 作者:芥川 竜之介 Amazon (2022年1月3日読了) 明治十九年十一月三日に鹿鳴館で開催された舞踏会で、十七才の令嬢明子…

チューリング

ベネディクト・カンバーバッチの映画が見たくなって、Amazonプライム・ビデオで「シャーロック」を探したけど、今は有料レンタルしかないようだった。 そのかわり「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密)がプライム・ビデオで見られるようだ…

大晦日のねこたま日記

年に一度、私がまともにテレビを見る日なのに、居間のテレビは息子(24歳・自閉症)が専有していて他の家族にチャンネル権がない。 今年はnasneで番組を受信して、iPadのtorneで見ることにして、長女さんに設定をお願いした。 年越しそばを食べて、夜七時半…

悲しいカエル

末っ子がLINEで「わいはカエルが好き」とか言ってるので、ピパピパの写真でも探してきて貼ってやろうかと思って画像検索してたら、ちょっと変わったカエルのバッグの写真が出てきた。 悲しいカエル日本と韓国の漫画芸術人格キャンバスバッグ、悲しいカエルか…

コロナ療養日記(胃痛、エルトン・ジョン、なんとなく橋本治)

こんにちは。 ここ数日、朝起きると胃が痛い。 朝食はとれるし、昼くらいにはおさまるので、あまり気にしていないけど、続くと地味につらい。 ここのところきっちり撃退していて出番のない偏頭痛が、活躍の場を求めて胃に回ってきたのか。 そんなわけないか…

コロナ療養日記(ど忘れの記録)

こんばんは。 健忘症メモ 人の名前がとっさに出てこないことが増えてきた。 新型コロナ入院以降、どんどんひどくなっている気がする。 今日は、ある大女優(故人)の名前がどうしても思い出せずに、だいぶ煩悶した。 ただ思い出せないのではなく、全然ちがう…

映画鑑賞「レディ・プレイヤー1」

謎の誤操作で未完成記事を公開してしまい、あわてて下書きに戻したのだけど、なぜか記事の中身が消えてしまった。 バックアップを取っていないときに限って、こういうことが起きるのは、なぜなのか。(涙) 仕方がないので、書き直し。 映画「レディ・プレイヤ…

高慢と偏見とラノベ

こんにちは。 ドラマ「高慢と偏見(Pride and Prejudice)」をAmazon prime videoで見つけたので、エピソード1を視聴。 第1話 メディア: Prime Video なんというか、映画「高慢と偏見とゾンビ」から、ゾンビとバトルシーンを抜いたドラマだった。それほど「高…

大晦日のコロナ療養日記

(※2020年11月21日発症) 「療養日記」をいつまで続けるかについて、ちょっと考えてみた。 目安としては、簡単な家事などが、無理なくできる暮らしに戻った時点で、終了としたいと思う。 1日2回の炊事。 朝の息子の支度と、送迎(徒歩5分ほどのバス停までの往…

コロナ療養の日常(新型コロナと新CORONA)

ほんとうに不思議なのだけど、コロナ陽性の記事を書いてからずっと、ここのブログのアクセス数は、以前の4〜5倍をキープしている。もとの数字がとても少ないから、4倍にしてもそんなに大きな数ではないけど、小心なので、アクセス数を見るたびにギョッとし…

コロナ療養日記(まだふらふら)

12月9日(水) 体調 よく眠れて、朝6時ごろ目が覚めた。 咳が出たけれどもたいしたこともない。 まだ体力は戻らない。 寝ていればそれほど苦痛はないものの、ちょっと動くと、情けないほどぐったりする。 トイレにいって、手を洗って布団に戻るだけで、地に沈…