湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

今朝の健康観察日記

 

急に冷え込んでる冬だ冬だ

 

…見出しも不調。

 

【身体が目覚めない。半ボケ状態】

 

 

今朝はなんとか六時前に起き出してお弁当作ったものの、座ってもいられなくなり、そのまま二度寝

 

寝入った途端、布団の近くに「末っ子」がハイハイしながらやってきたので、咄嗟に名を呼ぼうとしたけど、出てこない。ボーゼンとしていると、その「末っ子」が泣き出したので、あわてて抱き寄せてあやすのだけれど、名前がどうしても思い出せない。これまでにも、寝起きに混乱して、自分に子供がいることを忘れていたことは何度かあったけど、立ち上がって抱きながら歩き回っても思い出せないということはなかった。

 

とうとう、頭がどうかしたのかと、愕然とした気分で居間にいくと、家族がみんな起きていて、出かける準備をしている。まさか家族に「末っ子」の名前を聞くわけにもいかず、苦悩しながらバッグに入っているはずの母子手帳をごそごそと探して取り出して、表紙を見るけど、名前がぼやけて半分しか見えない。

 

そこまできて、ようやく少し目覚めてきて、抱いていたはずの「末っ子」の男の子の姿が、ふわふわと消えていった。

 

夢にしては、あまりにもリアルだった。

 

起き上がりながら、うちの子どもの数と名前を、一人ずつ確認した。

 

もう成人して、働いている長女。

来月成人する長男。いま、障害年金申請の書類を作っているところだ。

そして中1の末っ子。

 

三人だ。

二人目の男の子は、いない。

いないけど、ほんとうに可愛かったなあ…夢の中の子。半分だけ見えた名前は、亭主の名前のなかの一文字だったっけ。

 

 

さて、今日も通院。

出かけよう。

 

 

 

 

あんな夢を見たのは、きのう、更年期障害の診察のために、産婦人科に行ったからかもしれない。

 

 

それに、かなり疲れていたから。