湯飲みの横に防水機能のない日記

色々壊れてて治療中。具合のよくないときに寝たまま携帯で書くために作ったブログです。ほんとにそれだけ。

OKを出す練習をしてみようかと。

 

やたらとブログを更新してるけど、一応これでもうつ病の診断が出ていて、目下治療中だったりする。

 

出来てたはずのことが、満足にできなくなっているのが、かなり、つらい。

うつ病のせいばかりでなく、他の持病や加齢で衰えた部分も少なくないと思う。

 

うーん、ダメだなあ。

今日も何にもできてないなあ。

もうしわけないなあ。

 

というつぶやきが、ほとんどエンドレスなBGMになっちゃってる。

 

 

まさに、うつ病あるあるの状況。

 

 

もともと完璧主義でもなかったのに、なんでこんなことになっちゃったのか。

 

なんてことを考えてると、ますます落ち込むので、音楽聴いて、いったん休憩。

 

 


Chrono Cross (クロノ・クロス) - OST

 

 

長男の重度障害が分かったころ、「クロノ・クロス」の世界に、ずいぶん慰められていた。

 

主人公の境遇に、いろいろな意味で気持ちがシンクロしてたと思う。

 

自分に身に覚えのない時空の出来事の責任を背負わされ、糾弾され、味方が敵になったり、敵が支えになったりと、真実の見えない混乱の渦のなかで、出来ることをひとつひとつ解決しながら、仲間を増やしていく・・・

 

リアルの状況が、まさにそんな感じだったから。

 

長男は、もうすぐ成人する。

最重度クラスの知的障害を持っているけれど、できることは、ずいぶん増えた。

ずっと、一緒にがんばってきた。

学校で。療育で。

 

・・・・ちょっと、がんばり過ぎちゃったのかもしれない。

なにしろ、「ここまでがんばれば、OK」っていう区切りがない努力だから。

 

親がどんなにがんばっても、どうしても超えられない、発達の壁がある。

IQ 28だった息子が、19歳になったいま、小学校三年生くらいまでの漢字の読み書きができて、簡単な一語文でのやりとりが出来るようになっている。それだって、もうほんとうに、十分でっかい奇跡だ。客観的に考えれば、そう分かる。

 

でも、私の心は、私に「OK」を出さなかった。

 

ほかにも、まあいろいろ。

 

 

で、こんなことになっている。

 

 

もっと自分に、気軽にOKを出していいんだと思う。

 

 

 

難しいけど、一日一個はOK出そう。

 

 

 

とりあえず、えーと・・・

 

 

あ、昨日、新聞歌壇に投稿した。

しんどかったけど、ペンでハガキに作品書いて、ポストに投函した。

うん、OKだ。

掲載されたら、OK百回分出しちゃおう。